シンガポールのHSBCに決定

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

シンガポールのHSBCに口座を開くことに決めました。

多分オーストラリア、マレーシアも同じHSBCに統一した方が良いのかもしれませんが、オーストラリアのHSBCは条件が悪すぎるので食指が動きません。ですので、オーストラリアではシティバンクを中心に動かすつもり。また、マレーシアに関してはまだ結論は出ず。とりあえず行って様子を見ようと思います。

なぜ住みもしない場所に口座を?と思うかもしれませんが、シンガポール、香港でも良いのですが、オフショアに口座を持つというのは様々な利点があります。まぁ、その人その人の状況によって違いますが、私にとって利用価値はあります。

ここに詳しいことを書くつもりはないのですが、今の時点で香港、シンガポールに他行の口座があるのですが、そこはあまりお金の出し入れを頻繁にしたくないので、新たにハブとしての口座が欲しいわけです。

で、なぜシンガポールなのかということですが、実はお恥ずかしい理由があります。うーーーむ、本当にこれを書くのは恥ずかしいのですが、実は航空会社のマイレージなんです。 エヘヘ

HSBCでは簡単にクレジットカードを出してもらえます。これはハブとして使う場合、クレジットカードの保持は絶対条件になりますが、オマケにマイレージが付きます。前に書きましたが、キャセイかシンガポールエア。私の場合はワンワールド中心ですのでキャセイを選びますが、

0.83S$につき1マイル
0.49US$につき1マイル

です。これかなり率がいいです。キャセイとかシンガポールエア自体のマイレージプログラムそのものはあまり妙味がないのですが、この率でマイルを稼げるのなから、そのディスアドバンテージはチャラになるどころか、私の場合、JALカードを使うより良い計算になります。

キャセイのマイルを使ってJALに乗ればグローバルクラブの特典が生かせるし、他の航空会社でもワンワールドのサファイアの特典が生きてきます。これって私にとってはかなりのメリットです。前にも書きましたが、私は1マイル3円の計算をしているので、この率でマイルが貯まるのなら、クレジットカードを使うことによる手数料のデメリットは皆無になります。

シンガポールドルとアメリカドルとどちらの通貨を選ぶことができるようです。どちらにするかはまだ決めていませんが、どちらにしても私はオーストラリアドル中心の世界ですので為替交換というステップが必要になってきます。

交換手数料とか、定期預金ではなくてコールの金利とか考えて選ぶ必要があると思いますが、気持ちとしてはシンガポールドルでの資産運用経験が無いので、これを切っ掛けにシンガポールドルで儲けることも考えてみようと思っています。

海外生活情報はここをクリック
マレーシア情報はここをクリック
オーストラリア情報はここをクリック
ロングステイ情報はここをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *