オーストラリアの日本男児(その2)

一つ思い出したことがあったので、私の他のブログに過去に書いたものを転載させてもらう。

--------------------------
「次男坊が学校で問題を起こした・・・・」

次男坊が学校で問題を起こした・・・
毎日、子供の学校の送り迎えをするのは私の日課なのだけれど、今日次男坊を迎えに行ったときに、ある事件があったことを聞いた。車の中で彼が私に話し出した。彼が学校で一騒ぎ起こしたとのこと。

彼とはかなり仲の良い親友がいつもの悪ふざけで、息子に対して「おーーい、アジア人」「どうしてお前はそんなにアジア人なんだ」と言ったらしい。そんな人種差別的な冗談は日常茶飯事で、普段なら冗談で返すところが、その日の友人の言い方にはいつもと違うトゲを感じたので、「いいかげんにしろ」と友人の肩を強く押したらしい。いつもなら笑って、ここで話は終わるのだけれど、今日はそこでは終わらなかった。肩を強く押された友人も元々虫の居所が悪かったのかもしれない。彼は私の息子に、本気で一発ボディーブロー食らわせた。さぁ大変、息子もそれに応えて彼を押さえ込んで、床に倒した。

そこは図書館の隣の部屋だったらしいが、そこへ偶然、図書館の中年の女性教師が入ってきた。そして彼女は、一人のアジア人が白人青年を押し倒したところを目撃したわけだ。普通なら、「あんた達、止めなさい」と言うはずで、いつもならそれだけで終わるはずだったのだが、その女性教師は私の息子だけを怒り始めたらしい。まず、息子を呼ぶときに、名前も知っているはずなのに、教師が普通使うべきではない「この大バカ」みたいな言い方をしたこと、そして息子の弁明を聞いて「アジア人と言われて何が悪いのよ」と言ったそうだ。興奮状態にある息子はそれを聞いて切れた。

「冗談じゃない、それは人種差別的発言なのに、言った本人じゃなくて、何で私が怒られなければならないのか」と食い下がった。

こんな話を書くと、息子が通う学校は酷い学校で、先生もろくでもないと思うかもしれないが、その学校は地域では一番伝統あるミッションスクールで規律もかなりうるさい、幼稚園から高校までの一貫教育をする進学高。喧嘩をすれば退学だし、先生への口答えは一切認められておらず、常に敬語を話すことを求められる。制服もあって帽子の着用が義務づけられているが、もし町中で制服を着ていながら帽子をかぶっていないことが見つかると始末書を書かされる。髪の毛も長いと注意を受け、次の日までに切ってこないとこれまた始末書という学校。そんな学校だから取っ組み合いの喧嘩をするなんてことは、まず普通はあり得ないのだが、親友同士である息子とその友達は、半分遊びのつもりで組み合ったのだろう。しかし、息子の口ごたえから話は段々大きくなってしまった。

なんだなんだと周りにいた生徒も集まってきて、皆が遠巻きに見ていたらしい。口ごたえされた先生も立場があるのだろう。「言い訳はやめなさい」と言ったらしいが、またそのときに、一言余計な言葉が付いたらしい。(こちらの教師は自分が悪かったと言うことは皆無。常に自分は正しいという態度を取るのが普通。)

それを聞いた息子は、引き下がるどころか余計頭に血が上った。

「人種差別的な発言をした者には何も言わず、私だけが怒られる理由を教えて欲しい。そして、貴女は私の名前を知っているのに、私をなぜそのような蔑称で呼ぶのか、教師としてそういう言葉を使っていいのか、答えて欲しい。」と反撃。

そんな生徒の口ごたえも、その女教師はあまり経験したこともないのだろう、あげくに女教師も自分が差別主義者の仲間のように言われて動揺したのだろう(オーストラリアは日本とは違い、人種差別は大きな罪で、絶対に許されない)。二言三言叫んでから、出て行けと言った。

これからが、また旨くない。息子と友人が出て行こうとしたときに、その女教師は「この生意気な子供が・・」というようなことを小声でいったそうだ。そして、それを息子は聞き逃さなかった。そして彼の怒りは絶頂に達した。彼は、ゆっくり振り向いてその教師に近づいて行った。

そのときの態度も顔も尋常ではなかったらしく、回りにいた生徒からどよめきが起きたらしい。そして誰もがその女教師を殴ると思ったらしい。だが息子は、大声で怒鳴った。

「私はアジア人に間違いがないが、私が選んでアジア人になったわけでもない。あなたは自分が偉い民族だと思っているのかもしれないが、外国へ出ればただの異国民だ。外国へ出て、私と同じように扱われたらどういう気持ちになるのか考えたことはないのか。もし自分が黒人だとして蔑まれたらどういう気がするのか、考えるべきだ。そんな心の痛みもわからない貴女には教師としての資格はない!!」

これを言われた女教師は反省するでもなく、いろいろと叫びだしたらしい(生徒の言い訳、口ごたえを許してはいけないという決まりがあるのかもしれない)。そこへ学年主任の先生がやったきた。もしかすると誰かが呼びに行ったのかもしれない。そこで一体何があったのか説明が始まるわけだが、女教師は「アジア人と言われて何が悪いのか」などと絶対に言っていないと言い張ったらしい。

その学年主任が来たことでその場の険悪な雰囲気は収まったものの、女教師の言うことを聞かず、それどころか大声で教師を罵倒した息子は、学校の規則通りに、ヘッドオフィースへ連れて行かれ、そこで報告書(反省文?)の提出を迫られた。罪人と同じ。そこで彼はその報告書に日頃の思いをぶつけたらしい。

「この学校はミッションスクールであり、神の名の下にみんな口では旨いことを言いながら、実は陰湿な人種差別が生徒間のみならず、学校全体に存在すること。マイノリティーが常に目をつけられること、そして救われる道が全く存在せず、我慢するしかないこと。」そんなことを書きつづったらしいが、最後の方に、「とはいうものの自分にも非があり、親友に対しても謝りたいし、教師や自分の立場も考えずに声を荒立てて反論したことは許されることではなく、どのような罰でも受けます。」と締めくくったらしい。(この女教師もそうだけれど、こちらの人は自分の非を認めることは普通せずに、最後の最後まで自分の主張にこだわるのが一般的。日本人のようにすぐに謝ったり反省することはまずありえない)

これを受け取って読んだ学年主任は突然息子に日本語で話しかけた。奥さんが日本人で彼も多少は日本語ができるようだ。彼は日本語で「ここには差別が存在しているのは私も知っている。ただそれをおおごとにすると学校としてもうまくないのは理解して欲しい」と言ったらしい。ヘッドオフィースには他の先生や事務員もいるわけで、その言葉を英語で言うわけにはいかなかったのだろう。息子はその言葉をすんなり受けるわけにもいかないと思ったらしいが、その後、その学年主任は英語で話を続けた。

「この学校が欲している、そして目指している理想の生徒とは君の様な生徒だ。全てを理解した上で、一歩退くことが出来る生徒だ。私は君を尊敬する。」と。

息子はこの一言で救われたと思ったと言う。そこで全ての怒りは消滅し、真に反省したらしい。そして何のお咎めもなかった。

私はこの話を運転しながら聞いていたのだけれど、胸が締まる思いをし、目頭が熱くなるのを感じた。そして「お前、よくぞやった!よくぞ言った!」と声を掛けた。

家族四人で誰一人として知り合いもいない、何のつてもないオーストラリアへ渡ってきたとき、彼は一歳にも満たなかった。その彼も長男も、日本人、アジア人と言われ、辛く、嫌な思いをしたのは数え切れないはず。お弁当に持っていったオニギリをバカにされるのでオニギリだけは止めてくれと泣いていた小学生のころを思い出す。日本の弁当を同級生に「まずそー」と言われ、それだけではなくて、その弁当を窓の外に投げ捨てられたこともあった。

長男は中学校の晴れの卒業式の日にもいじめに遭い、「死にたい」と泣いていたのを思い出す。これまでに彼らの心がどれだけ傷ついたか計り知れないものがあるが、そういうことも乗り越えてたくましく、まっすぐに育ってくれた息子達に、私は感謝したいと思った。まだ16歳だけれど、大人になっていく次男坊が眩しく見えた。

息子達よ、有り難う。お前達の父親になれた私は世界一の幸せ者だ。

長男のケース オーストラリアの日本男子  ← クリック

------------------------------

今では、長男も次男もちょっとやそっと差別的なことを言われても全く動じない青年になったし、冗談には冗談で返せるようになった。しかし、度を超した場合にははっきり言うし、決して卑屈になったり泣き寝入りはしないようだ。私でも、そこまで反撃するか?とびっくりするくらいのケースもたまに聞くけれど、「あったりまえじゃん」とケラケラ笑っている二人を頼もしく思う。

日本にいたら差別することはあってもされることはなかったろうし、良い経験が出来たと思う。

彼らをオーストラリアに置いたままマレーシアに行こうなどと勝手な事を言ってる親だけれど、彼らがしっかりしてくれているからそんな我が儘も言えるわけで、そこの所は子供達に感謝している。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
お探しの情報満載のブログがたくさんあります。クリックしてみてください。

オーストラリアの日本男児(その2)” への8件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 6473584653626c79575868754351424c4f6e387a3045504133437670345a70452b4c3d514791d257747eaa0d842509654cd435c59ac3669b943b847992c87cd4
    人種差別という理不尽な扱いに対し、実にあっぱれな反撃でしたねぇ~。理論的かつ情感豊か、しかも冷静。たのもしいですね。
    次男くんのような、個々人の努力により、世の中少しづつ改善されていくのでしょうね。
    昔、オーストラリア=白豪主義なんて習ったような・・・、久々に思いだしました。そのうち日本語ブームなんて話も聞いたような・・・。
    それから過激な捕鯨反対とかね・・・。
    実態はいろいろいろいろ多様なんでありましょうけどね~。

  2. SECRET: 0
    PASS: 6d676c4d766257356c7636587170516e6167756a6551616a63636e326d6e7078d84967bd9bda9388128a31e94bc8e32e87e8bcac0be1231dbff4886afcc4457f
    白豪主義で人種差別を政治の中に組み込んだ国としてオーストラリアは有名ですよね。あの南アフリカが建国の時に、オーストラリアからその手法を学んだと聞いたこともあるくらいです。

    ただ、そのような過去の差別の反省が現在あるわけで、法律的には全く過去と逆になっています。日本では問題ないような言葉を言い放っただけで逮捕されるぐらい。でもそうは言っても根深い差別がなくなったわけではないでしょうが、一般生活をしている中では全く何の支障もないし、日本人好きのオーストラリア人もかなりの%です。
    息子のお弁当ですが、卒業する頃には生徒、親達の意識もかなり変わり、日本食の良さを理解する人たちも増えました。日本人はいつもこんな高級料理を食べているのか?と聞かれるぐらいです。彼らは基本的にイモとソーセージですから。www で、子供の友だちの中にも日本食ファンが増えまして、日本のお弁当を私の分も作ってくれるようにお母さんに頼んでくれと言う子供も出てきたぐらいです。嫁が何人分ものお弁当を作っていたことも何度かありました。また、学校の売店で寿司ロールも売られるようになってきました。変われば変わるもんです。

    差別のことを書くと皆さん驚かれますが、私の感覚では、オーストラリアこそが世界で一番差別のない国じゃないかなんて思うんですよ。日本を振り返ってみると、様々な差別が日常化していて、それが差別だという意識を持っていないような気がします。これが一番恐いんですよね。

    オーストラリアに来て、今まで自分が半端じゃない差別主義者であった事に気づかされました。やられてみないとわからない事も多いですねー。

  3. SECRET: 0
    PASS: 37646942436965586a5734476c43705a5370356d4f7841725a45696a746a377454d9b2d81db8a7fde8497463a863c9ce3c177446ca3b8728db09d45c9a9fed6a
    はじめまして。あまりにも感動したのでコメントを書かずにはいられなくなりメールしております。私も今 五歳の娘がおり、日本でインターナショナル系の幼稚園に通わせております。私共は、現在バリ島に家があるのですが近々売却し全てのことが落ち着き次第マレーシアに行こうかと考えております。また娘をオーストラリアに正規留学をさせようともしております(まだまだ先の話ですが・・・)実際、オーストラリアは、親日家だと聞いておりましたが、やはり色々あるものだと思いました。しかしながら御子息様の先生に対する意見・友達に対する意見・毅然とする態度は、なんて素晴らしいのだろうと心が震えました。今 日本は、いじめ・自殺などが毎日のようにニュースで流れています。それを聞く度に自分の娘は強くあって欲しいと願ってやみません。御子息様はまさに私の理想とする強くて逞しいお子様だと思いました。本当に素晴らしいです!!!勿論 そこまでたどり着くまでには、数々の辛かった事も乗り越えてきた事だと思います。支離滅裂なコメントですみません。本当に感動しました!!

  4. SECRET: 0
    PASS: 54675534537a656139304c394a435965555476426a6769635774317350384c66a67de5fe5b62fcec578fb1be9969162533d39b4569e4dd5d8aab0c83eda83c1d
    私の書いたこの話は、オーストラリアでの差別を強調した感じになっていますが、普段はまったく差別など感じないで生きていけますし、学校に置いても日本と比べればいじめなんて存在しないと言って良いくらいだと思います。この事件の様なことはなくはないのですが、オーストラリア人は基本的には助け合い精神が非常に旺盛で、アンフェアであることを極端に嫌います。威張ったり自慢したり上から物をいうことを軽蔑する風潮もありますし、イジメには全員が揃ってそれに対抗するという感じです。息子達の例はちょっと大げさといいますか、特に長男の場合は感受性が強すぎて、差別ではないただの冗談でさえも差別に受け取っていたフシがあります。

    オーストラリアはなかなか良い国であると思います。子供の教育に関しては、覚えることより考えることを教える教育で、確かに日本人の子に比べると知識は少ないかもしれませんが、プロブレムソルビング。問題解決能力ははるかに優れていると思います。お子様を一人で送り出すのは良いのかどうかわかりませんが、教育だけを考えたら、私はオーストラリア留学をお奨めします。ただ、やはり公立校の中には悪いところもあり、注意が必要だと思います。

    ちょっと話が長くなりますが、20年以上前にオーストラリアへ移住した方の書いた本の中で、こんな記述を見つけました。

    信号を待っていると、向こうから小学生のグループが横断歩道を渡ってくるのが見えた。団子状態になっていて真ん中に何かがある。よく見ると、それは車いすに座った一人の少年だった。きっと彼らの同級生なのだろう。彼らはその車いすの彼を守り、自分たちが壁になり安全を確保しながら横断歩道を渡っていたのだ。

    私はこれを読んだときに感動しました。そしてその当時はまだ3歳にも満たない息子でしたが、是非いつかこの仲間に入って欲しいと思いました。それもオーストラリア移住を決めた一つの切っ掛けでもあります。

    実際にはこういう場面には出くわしたことはありませんが、人を助けるという事に関しては、本当に一生懸命になる人たちです。是非ともこういう空気の中でお子さんを育てて上げて欲しいと思います。

  5. SECRET: 0
    PASS: 584238504743443839427139334876524765594446524461437a714a6d7a6542d0150501147351cc90fdb41f439efe6bf9d63f57450bb66cdfbac2aabe3e3bb1
    感動して涙が出ました。

  6. SECRET: 0
    PASS: 3165793447335a426f4a387a4472776a674634356553686a6c51415037395643414f1ee3ef657c0340f4c90c5d2c33b8940cdd57583b81bf655b9e23a545adba
    自分の息子の話ながら、私自身感動しました。

    よくぞそういう風に育ってくれたと感謝もしています。

    ただ、私がちょっとでも理不尽なことを言うと噛みついてくる子ども達ですが、その辺はもう少し大人になって欲しいな、と・・・・

    我が家は夫婦揃って生意気ですから、きっと似たんでしょうね。(笑)

  7. SECRET: 0
    PASS: 6e597445545431305931766e4d556d51756d476567426f7662736c59383270514d8e44bbe9526429ddbc3bb6d9294cad9ffc48b1ffbf25dba3720616ce0f9642
    ほぼ単一民族の国で生きてますので、、、まるで、映画の一場面のように思えました。
    息子さんは、芯のしっかりしたまっすぐな青年に育ってらっしゃいますね。
    また、学年主任の方の応対も、生徒にきちんと応対して、、

    伝統あるミッションスクールと公立校では、ずいぶん、雰囲気が違うのでしょうね。

  8. SECRET: 0
    PASS: 55354c59626758643055497a6b32575261697477584f6f5750525852484738518e58610ef38319a610c31eed9b4265d72dbf388fd09f72de7eeb970e46339e64
    たまきゅうさん

    学校は難しいですね。一般的に公立はいろいろ問題があると言われていますが、その中でも良いところ悪いところあるし、また学年によってかなり違うんですね。悪い奴がたまたま出会うとその学年は凄いことになったり。また先生が変わる、特に校長が変わると学校も変わる感じがするし。

    あれも経験、これも経験だと思いますが、取り返しのつかない経験をしちゃう子弟も少なくなくて、これってギャンブルみたいなもんだ、なんて思うこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *