いい話ばかり・・ 参った

マレーシアの情報を探していて見つかるのはマレーシアの良い情報ばかり。

参ったなぁ。

辛口批評を書いている方のHPを見つけて、とりあえずリンクを張っておいたけれど、なかなか本音というか、裏の部分を書いているブログは少ないですね。

私はチャットが好きで、実はもう20年以上チャット漬けなのだけれど、毎日必ず行くヤフーチャットの部屋に以前来たマレーシア在住の方を思い出す。

部屋に来る度に「マレーシアのXXXXXです。今マレーシアの天気はXXXXで、今日はXXXXXで最高で~~~す。皆さんも是非お越しくださ~~~い。」とマレーシアの宣伝マンか?と思うような方だった。

聞いてみればマレーシアに渡って2年とかで、まぁ、気持ちはわかるけれど、この人にいろいろ聞いても駄目だろうなぁ、って思ったっけ。

オーストラリアも全く同じで、私もまさにそうだった。来た当初は舞い上がってるんですね。それが落ち着いて、いろいろ見えてくるまでには数年かかるのが普通。

冷静な目で判断するというのは非常に難しいと思う。ただし、同じ事柄でも受ける人によってまるで逆の反応もするのが人間だから、何が正しいかというのはもちろんわからない。しかし、もうマレーシアなんかイヤだ。もうやってられるかい。俺は帰るぞ。なんて話も聞いてみたい。

と、書きつつ自分でも笑ってしまうのだけれど、ゴールドコーストでも捨て台詞を吐いて帰った人はいくらでもいたんだけれど、なかなかその手の内容を活字にして残すってことは、やっぱり無いんですよね。

ある人には我慢できないような嫌なことでも、私に取ってはなんてことがないこともあるし、その逆も当然あるわけだけれど、どちらにしてもマイナスの話を聞いてみたいなぁ。それによって、へーーそうなんだ。じゃぁ私も止めます、なんて言うほどXXでもないし、その人がなぜそう感じるのかというのを、その人の立場になって聞いてみたいと思うわけです。

こちらの在住者仲間で飲んでいると、いくらでも当地の悪口は出てくるけれど、やっぱり新しく来た人がその場にいるとみんな口を閉ざすし、ましてやこれから来るという人には言わないもんなぁ。

下手に余計なことをいうと、真っ赤になって怒る人もいるんですよね。

日本人をカモにして稼ぐ人たちも少なくないし、実はそういう人達こそ最初は非常に優しくいろいろ教えてくれる人であるのが普通で、中には弁護士までグルになってるケースもあったっけ。

だから、いい人だから、っていうのはその人を信用して良いということにはならないんだけれど、それを来たばかりの人に言うと怒るんですよね。

貴方は私の夢を壊したいんですか!!!って www

超優良大企業を早期退職して、退職金もがっぽりもらって、自宅も売ってかなり大きなお金を持ってきた人がいたっけ。その人はうまい具合に乗せられて、新しい事業を始めて、誰も信用できる人がいないからと弁護士を非常勤の顧問にして給料40万も払って、ウォーターフロントの家まで買った。そのうちクルーザーも買うだろうね、なんて仲間と話しているとまさにその通りになった。

見ていられないので、一言助言をしたら、私に突っかかってきたなぁ、その人。

でも、やっぱり、一年もしないうちにその人いなくなっちゃった。

オーストラリアの場合は投資ビザを取る人も多いので、こういうケースがたくさんあったけれど、退職者として来るような人たちの場合はちょっと違う。せいぜい騙されても、不動産がらみ。個人ツアーの上客を専門にしている現地ツアーガイドが不動産屋と結託して、移住の視察旅行に来た人にうまく取り入るんですね。で、一般価格より高い家をはめ込んでごっそりバックマージンを取るとか(違法)。

まぁ、紹介料をもらうなんていうのは旅行業は当たり前で、それで成り立っていると言ってもいいような業界だから、バックマージンを否定する気はないんだけれど、詐偽まがいのことも実際はなくはなかった。ガイドはバックマージンが入るお店を紹介するのが仕事で、自分が普段使うような店は紹介しないのが普通。私にもガイド業をしている友人もたくさんいて、もちろん悪いガイドばかりじゃないのも当たり前だけれど、初めて行った場所でそれを見分けるのは簡単ではない。

ま、マレーシアでもそういうタチの悪い日本人もいないはずはないと思っているのだけれど、どんな感じなんだろうか。

私はどういうわけか、騙された経験がない。それとも騙されたことに気がついていないのかも。 www

騙されたとしても、自分が納得していれば良いって事なのかもしれない。わかる人には笑われるのだろうけどさ。タクシーが良い例ですね。1000円で行けるのに3000円払ったとか。その程度のご愛敬ならいいけれど、大きなお金を失った人はこちらにいくらでもいるので、やっぱりマレーシアでも同じかな。

でも正直なところ、マレーシアで大きなお金を使うつもりは毛頭無いし、投資をする気もなければ、不動産を買うつもりも無い私としては、騙される云々はさほど心配はしていません。

そういうことは別に、本当に楽しい人生を送れたのか、それとも酷い目にあってマレーシアに渡ったことを後悔したことがあるのか、どうしてもその人が我慢できない習慣とかがマレーシアにあるのか、そんなことを聞いてみたい。姉に聞けば1時間ぐらいは嫌なことばかり並べてくれるような気もするけど・・・ ww

オラが村さのお国自慢じゃなくて、もうちょっと突っ込んだところの話を聞いてみたいなぁ。

インターネットじゃ無理かな。だろうなぁ・・・・・

早く自分の目で見てみたい。一体私はマレーシアに何を感じるのだろうか。もっと早く来れば良かった・・・と思わせてくれるマレーシアであって欲しいなぁ。

いい話ばかり・・ 参った” への3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 357a4b6c4450574e4c49734b71654b77485862626f5461684374444a6157514b0bde858afbcabb44b5a8af3e6681dfe4892f59c7fef058a9240ad86947483c00
    マレーシアに住んで昨日で1年が経ちました。主人は6年住んでいます。
    裏は凛も書いてませんが、女性には「お手洗い」がショックを受けると思います。
    私も最初は「汚い」「便座に足跡がついてる」「ヤモリが出る」などでおっかなかったですが…慣れた今ではどおって事がなくなりました。
    あとは食べる屋台が汚い、食べた後の骨はテーブルの上に出すちゃんとした英語がなかなか通じないなどもあります。
    英語は通じるけどもゴールドコーストで暮らしておられたらイライラするかもしれません。
    最後に、怪しい者ではありません(笑)
    ブログ村から来ました。では…ジュンパラギ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 5549336e546b30465a5a636d6b3939735371676135715148694f4d6c71386f6f046030faabd7e6a719dd3fcc4919588e4901ef925eb2328b85ece32d169bacbf
    コメント有り難うございます。

    実は凛さんのブログは前から拝見していました。面白くて見やすいブログだと思っています。w

    そうですかぁ。お手洗いがそういう状態ですか。男性ならまだしも女性は気になるでしょうねー。うちのヨメさんは大丈夫かなぁ。昔一緒にグアムにちょっと住んでいた頃があるんですが、釣りが好きで、お手洗いのないところで釣りをするでしょ。そうしたら平気でバケツにしちゃう彼女を見て焦ったことがありました。結婚前だったし・・ w

    汚いお手洗いを見て、ほらーー、こういうところがイヤなのよね、なんてマレーシアに移り住むのを止めさせようとするヨメの動きが出てくるのかどうか、ちょっと楽しみです。

    あ、そういえば高価で綺麗なお手洗いが設置されてるなんてのをどこかで読みました。でも15分でドアが開いちゃうとか。www

    屋台が汚い、食べ方がひどい、問題のある英語に関しては結構鍛えられてますので大丈夫かもです。

    またよろしくお願いします。

  3. SECRET: 0
    PASS: 413161746257326b55445743705348376f3649785841773565314e484c304f492232cc1529b82fab2c4a7efcce89ea4fed7f7ea91b1e9b28cabd064bbcd9a839
    読んで頂いてたんですか…有難うございます。
    15分でドアが開くかは経験がありませんが、KLCCの伊勢丹に有料トイレがありRM2(70程度)ですごく綺麗です。旅行のの話のネタにできるのと最初の慣れない頃はよく利用しましたが慣れてしまった今は汚くても平気になってしまいました(汗)。
    住めば物価は安いですし治安も割りといい方なので(私はドイツとハワイでの生活経験はあります)、暮らしやすいです。
    やはり旅行で下見された方がいいですよ?
    私は住まないといけない状況に置かれましたが…。
    見えない部分はあるでしょうが私で良ければ質問してください。こちらこそ…よろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *