高級スーパー「フェリーロードマート」で安物買いをしてきた&マレーシアで売っているものの品質に関して

ヨメさんがフェリーロードマートに行きたいというので一緒に行ってきました。

ここってやっぱり高いけれど良い物を置いていると思います。特に肉屋が面白い。前に何度か書いたことがありますが、「和牛のブレード」のブロックが安いんですよ。キロ19ドルだったはず(でも今じゃ29ドル)。これって日本で言う「ミスジ」と言われる部位みたい(さだかではない)で、焼き肉だとそれなりに高い部位。他の肉屋では見たことがありませんし、普通、和牛というといまでは60ドル以上が当たり前で良い部位の良い肉は1キロ130ドルはする。

ま、私が高級スーパーに行って買うとしたらそのぐらいしかないのですが、今日は結構安い買い物が出来ました。フェリーロードマーケットは「高い」と決めつけるべきじゃないかもです。

上に書いたBladeのブロックがあったのですが、1キロ29ドル。これは安いと思います。というかBladeって安い部位なんですね。そしてステーキに出すような部位じゃない。あるいは「安いステーキ」で使う部位。ところが我々日本人は牛肉=ステーキじゃないわけで、焼き肉みたいに薄切りにしたり、サイコロだったり、あまり形状にはこだわらないじゃないですか。美味しければ良いわけで、ステーキみたいに「形」も重要ってことはありませんから、このBladeは使いみちがあると思います。オーストラリアでは安いBladeですが、日本で言うミスジは結構高い。

でも今回はこれはパス。

その代わり、もーーっと安い和牛を買ってきました。(笑)

ま、日本で言う切り落としみたいなもんじゃないですかね。これ、シチュー用でも良いし、串刺し、サイコロのまま焼くのも良いかと。

和牛です。でも1キロ24ドル。これって普通のオーストラリアのステーキ肉よりもずーっと安い。

RX1R-07045

それと「賞味期限ギリギリのソーセージ」。(笑)

ここのソーセージって結構美味しいと思うんですが、最近は「加工肉の怖さ」を知って殆ど食べません。でもこの価格に惹かれて買ってしまいました。この高級スーパーって高級なだけに、値引きする時も大きいのね。これは半額以下ですが、スーパーの値引きって本当に微々たるもの。

RX1R-07046

それとローストポーク用のブロックを買ってきました。これは1キロ10ドルちょっと。この豚は「本物の味」が売り物になっている豚で、それでキロ10ドルは安いと思います。スーパーと変わらない値段。そしてスーパーで買う「ミンチ」より安い。つまりこれでミンチを自分で作れば「美味しくて」「安い」ことになる。

RX1R-07047

それとお昼ご飯用にお弁当を買ってきました。これだけいろいろ入って25ドル。あのスーパーにしてはリーズナブルかもしれません。

RX1R-07044

付属の醤油、ワサビを使って食べたのですが、「不味い~~~!!」。なんだこれ?と思ったら、付属の醤油が不味いんですね。なんでこんなものをつかうんですかねぇ。

急遽、我が家の「鎌田のだし醤油」で食べましたが・・・。ま、美味しいわけもないか。こんなもんでしょう。(笑)

高級スーパーのフェリーロードマーケットですが、それなりに面白い買い物は出来ると思いました。

ところで、マレーシア在住の方のブログで、「マレーシアのオージービーフ」より「日本のオージービーフ」の方が美味しい。どうしてだろう、と書いてあるのを見つけました。

これって前に書いた電化製品と同じことなんですね。当然、「輸出地に合わせて作る」わけです。だから日本で売っている「オージービーフ」は「日本向けに育てている」のであって、それはオーストラリア国内に流通しているものとも違うわけです。日本人が好きそうな「霜降り牛」なんか買うのは日本人、中国人、韓国人ぐらいしかいないでしょう。

ただマレーシアに輸出している牛はマレーシア向けに特別に育てられているとは思えず、当然、日本向けの良い肉を送るはずもなく、もしかしたら日本向けでもない、オーストラリア国内向けでもない、「中国、東南アジア向け」の安い肉の可能性すらある。

あるいはオーストラリア国内向けのをマレーシアに輸出しているのかもしれない。

ということは?わかりますよね。オーストラリア国内の「オージービーフ」より、日本の「オージービーフ」の方が美味しいってこと。

でも、これまた電化製品と同じで、全部が全部「仕向地用」に作っているわけでもなくて、普通のオージービーフも日本に送られているはず。でもそれは肉屋やスーパーの店頭に並ぶのではなくて、加工用、弁当用かもしれない。

ま、Made in Japan、Made in Chinaでも色いろあるのと同じで、Made in Australia、牛にしても海産物にしてもいろいろあるってことですね。

とにかく、「どこで生産されたものか?」、という見方で商品を見ると間違えるってのは電化製品でも食品でも同じだと思います。もうそんな時代じゃない。

私はマレーシアに行ったら、電化製品は「中規模メーカーの国際ブランド」を買おうと思っています。日本のブランドには一切拘りません。逆に日本ブランドはややこしいかもしれないと思っています。私も貿易をしていたからわかりますが、日本では「輸出品は程度が低い」のが普通なんですね。そりゃ消費者の要求度が違うんですから当たり前です。これは日本のメーカーの「現地生産品」も同じでしょう。でも彼らはきっと「日本向け」のも同じ工場で作っているはず。それを手に入れられれば良いのかもしれませんが、流通経路を考えますと無理だろうし、それより世界的に信頼のある中規模メーカーの物のほうが修理や保証を考えても間違いなく安心だと思っています。

これはオーストラリアで覚えたこと。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

Windows10にアップグレードしたくないのに、汚いことをするマイクロソフト

Windows10への無償アップグレードですが、やっている方は多いのでしょうか。

私はWindows7ですが、非常に気に入っておりまして10へのアップグレードは絶対にしたくない。

ところがいろいろダイアログが出てきますよね。しつこいぐらいに。いつもこれを無視していたのですが、最近、マイクロソフトはかなり汚いことをしているようで、「アップグレードのダイアログをXして消してもアップグレードの準備に入ってしまう」ようになっているとのこと。

意味がわかりますかね。

ダイアログが出た時に、「はい」とか「いいえ」が普通ありますが、それとは別にダイアログの右上にある「X」印を押してダイアログ自体を消してしまう人も多いはず。これってわけのわからないダイアログが出てきて、もしそれが「怪しい物」であったばあい、「はい」も「いいえ」もボタンを押して良いのかわかりませんし、ダイアログそのものを消してしまうことがあるはず。

ところがマイクロソフトはダイアログを消す「X」を押しても「アップグレードの準備にはいる」ようなことをやっているらしい。

私は今までどうやってきたかの確かな記憶がないのですが、先日、Cドライブの内容をチェックした時に「訳の分からない大きなファイル」が入っていることに気が付きました。5ギガぐらいあったと思います。「$WINDOWS.~BT」という名のファイル。

「なんだこれ?」と思ってそのファイル名で検索してみると、Windows10のアップグレードのためのファイルだとのこと。

そんなものをダウンロードした覚えは全く無いし、もしかしたら上に書いた「X」を押してダイアログを消したことがあって、その時にダウンロードされたものかもしれない。この辺はわからないのですが、とにかく不要な、そして糞大きなファイルですので削除しようと思ったんです。

ところが削除が出来ない。orz

こりゃ参ったと思い、削除方法を検索して、どうにか削除しましたが、本当に迷惑なんてもんじゃないです。

そのファイルの削除方法、そして「自動アップデートしないようにする方法」等を書いたサイト。

Windows10のアップグレードを躊躇していたらCドライブが6GBも減っちゃいました! – そらより

私は上記の方法でも削除ができず、「ファイル削除ソフト」をダウンロードし、どうにか削除しました。

もうそろそろ「無料アップグレード」の期限が近づいてきますが、マイクロソフトも焦っているのかもしれませんね。でもダイアログの「X」を押しても「キャンセル」にならないなんて、オペレーティングシステムを作っているマイクロソフトそのものが「常識破り」のことをしていることになりませんかね。

でもま、世の中の大半の人って「面倒なことが起きる」と、「じゃぁ、この際、アップグレードしても良いか・・」ってなるんじゃなかろうかと。それをまさにマイクロソフトは狙っている。

私としては「時代の流れ」ですし、いつかはウィンドウズ10にしないとならない時が来ると思いますが、基本的に今のままで全く困らないし、余計なことはしたくありません。そして「アップグレード」ってのを私は信用していないんですよ。これのはっきりした論理的な理由はないのですが、経験上、そんなふうに考えています。

ですから、いつかWindows10を使わなければならない時が来たら、アップグレードではなくて「クリーンインストール」をしたいと思っています。ま、新しいPCを買った時に・・ってことになりますが。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

金(ゴールド)は良いかもしれないと書いたのに・・&リンギットのFX

前に、金(ゴールド)が順調に上がっていて、金投資もおもしろいかもしれない、なんて書きました。

ところがその後の下げ波動がキツくて、「様子見」の段階に入ってしまいました。この動きは、私は「手出し無用」の動きだと判断します。

2016-05-25_13h28_59

なんだ、ダボも大したことないな、なんて思うでしょ?その通りです。(笑)

というか、私は将来は神様しかわからないと思っていて、そして常に変化するわけですからそれを当てるなんてことは不可能だと思っています。

では、「将来を当てずしてどう投資するのか?」なんて思うでしょうが、将来を当てる必要なんかないんです。っていつも書いていることですが。

とにかく、過去と現在の事は誰でもわかるわけですよね。そこで、自分の決めごととして「こういうふうに動いているときは上昇トレンド」とかその逆を決めるわけですよ。手出し無用ってのも同じで、自分が好きな指標を使って、上向きか下向きか、どちらとも判断できないかってのを「判断」するわけです。これは実際に将来もそうなると読むってことじゃなくて、「暫定的」にそう決めるわけです。あくまで読むのは「現在のこと」であって未来じゃない。ここは大事なポイント。

で、それに従って、上昇トレンドならその中の「上昇波」を取りに出る。下降トレンドならその中の「下降波」を狙う。あるいは何もしないか。

ここで大事なことは「トレンドをどう見るか」と共に、その中の「上昇波」「下降派」をどう見るかってことなんですね。この細かい波動をどう捉えるかがわからないと、デイトレとかスイングトレードは出来ないと思います。つまり、いかにオシレータをうまく使うかってこと。

これは「こう動いた時にはこうする」という(自分が決めた)決め事を淡々と続けるだけのことであって、また逆に「こう動くはずなのにそうならなかった時には何もしない」ってことでしかなくて、「将来を読む」とか「予想する」とか、そんな大げさなものじゃないのね。

そんなんで勝てるのか?ってことだけれど、勝てなければ違うことをまた考えれば良いだけのことで、理論がどうじゃ確率がどうじゃって話じゃないんですよ。逆にそういう「左脳」が勝っている人って目の前の動きが見えていないんじゃないかと思うことが結構あります。

例えばですね、カラオケでもダンスでもゴルフでも良いですが、もちろん理論はあるしそれを無視しろとは言わないけれど、人間って不思議なもので、理論理屈はわからなくても「歌がうまい」「ダンスがうまい」って人がいるじゃないですか。スポーツも同じで「あの人は感が良い」とか「運動神経が良い」ってやつ。私はここは相場でも同じだと思うんです。「右脳」からのアプローチと言って良いかもしれない。

昔、私の友人で「音痴」がいたんですよ。音程が狂うだけじゃなくて、「どこから歌い出すのかもわからない」って言うんですわ。こういう人って昔は結構いて、カラオケ時代じゃなくてギターとかピアノの伴奏で歌う時代がありましたよね。その時に奏者(先生と呼んだっけ 笑)が「ハイ」って言ってくれないと「歌い出しがわからない人」っていましたよね。

でも普通は、音楽の流れで歌い出すポイントってわかるじゃないですか。それと相場は似ていると思うんです。音楽で言う「音の流れ」が相場で言う「チャートの動き」じゃないかと思うんですよ。

でもそれを数値や理論理屈で追い出すと、大事なところがいつになっても見えない。そんな風に思っています。カラオケやダンス、ゴルフも同じ。

だからこの金(ゴールド)にしてもそうで、上がるのか下がるのかといつまで考えても絶対にわからないわけですよ。でも、ここは「買いだけ考える」、「売りだけ考える」、あるいは「何もしないで見逃す」というのを「自分で決める」しかないんですね。「上がるから買う」のではないんですよ。「こういう時には買う」と決めて買うだけのこと。

で、カラオケと同じで、歌い出した瞬間、「あ、違う」って思うことがあるじゃないですか。その時にはすぐに歌うのをやめて(撤退)して仕切りなおしをするだけなんですね。

こういう考え方って左脳的な人には逆に難しいのかもしれない。またそういう人にはそういう人に合うやり方、考え方があるはずで、左脳的な人が私の手法を聞いてもわけがわからないかもしれない。また「将来を当てなければならない」と信じている人は、身のこなしも柔軟じゃなくて「自分の読みに囚われて勝てなくなる」のね。でも「当てない」「当てようとしない」ってのは言うのは簡単でも実行は難しい。だから「自分には将来のことは絶対にわからない」「チャートから将来は読めない(これは事実)」と決めてしまうのが良いと思っています。

逆に、左脳的な人は、何度かここでも紹介している「シスヤさん」という方の手法の方が入りやすいはず。あくまで数値と確率で追い込んで売買する方法ですから。興味がある方はこのブログを検索してみてください。

ま、金(ゴールド)に関しては「【大きな】上昇トレンドはまだ崩れてはいない」と読みますが、今は静観する場所まで下がってきてしまいました。1250ドル辺りが節目で、ここで陽転すれば買い出撃の形でしたが、陽転せずにそのまま下落。でもまたそろそろ陽転する場所ですが、ここでの陽転が強いとは私は考えませんので「様子見」となります。でもそれは「上がらない」という意味でもないわけです。そんなことはわかるわけがない。だから、場所的にはここで陽転してくれば、そこで「斥候隊」を出すのは良いかもしれませんね。私はしませんが。

というか、私はファンドを持ったままですから、常に「買いポジションが建っている」のと同じなんですね。だから本体は高値でオシレータがピークアウトしたあたり(赤のXがある辺り)で空売り(新規ショート)をしておくべきなんですが、私はそういう細かい手当はせずに「長期投資がどうあるべきか」を試行錯誤しているところで、もっと大きな波動で考えようと思っています。そういう意味ではまだ撤退時期ではない。でも参入するには・・・うーむ、難しいところだと思います。いつもの考え方ですと、上に書いた通り「様子見」の場所なんですが、もっと長い目で見ると、「買い場」が来たと読めないこともない。でも長期投資は全く下手くそな私にはそこのところはよくわからず。

「わからない時には何もしない」が鉄則ですが、ファンドを持っているということは「ロングポジションがある」のと同じですから、今の私の考え方って多分、どこかが間違えているんですね。それは自覚しています。間違えていることは理解している。でもどうするべきかってのはまだ理解できておらず、それは未だに勉強中。

本来はこんなことはするべきことじゃなくて、金(ゴールド)のファンドもさっさと売ってしまって、金(ゴールド)を売買するなら上に書いたように、上昇トレンドの中の上昇波だけを狙うとか、その逆をやれば良いだけのこと。

でもそこから脱皮できないと「長期投資」って絶対にできないんですね。

ジジーになると楽をしたいわけです(笑)。売った買ったの細かいことなんかいつまでも出来ませんから。

でもそれも単なる理想論なのかもしれない・・・とも思ってはいます。

多分、私には「短期トレード」が合っていて、やらない時には一切ポジションを持たない。つまりファンドも何も買うべきではないということなんだろうと思っています。でも金融資産を全て相場にぶち込むほど馬鹿じゃないわけで、またそんな必要もなく、いわゆる「資産防衛」をするためにはどうするかとなれば、それはやっぱり長期投資になるわけですが、債権を買っても同じなんですね(定期、不動産も外貨投資は皆同じ)。その通貨の買いポジションを持ったのと同じなんですから。

だから債権を買ったとなれば、その通貨の動きには注視せざるを得なくて、ヘッジは必ずしないとならない。これって話は元に戻って、金(ゴールド)のファンドを持つならそのヘッジも考えないとならないのと同じなんですね。ま、その辺の有効な方法、そしてそれは自分の能力や背丈に合っていなければ出来ないわけで、それを私は試行錯誤している最中です。

でもそれも「諦めたほうが良い」と最近、思うようになっていて、やっぱり自分に難しいことってあるんですね。「難しいことは諦める」の重要性を最近は良く考えるようになって、そこそこ良いと思って決めた長期投資は、(不動産投資も同じ)それがどう動こうと諦めも大事じゃないかと思うんですよ。かと言って、何もしないわけには行きませんから、その長期投資でマイナスがでるかもしれないことを想定して、「日頃稼げることで稼ぐ」しかないんだろうと思っています。

この辺は正直なところ、まだ結論が出ていません。

ただ「ヘッジ」と言うほどのことはしないにしても、それには「短期売買」で関わる必要があると思っています。私の場合は資産の多くは豪ドルの債権です。それと米ドルの債権。ですからこれらのヘッジとは言わなくても、円、米ドル、豪ドルの動きは無視できないわけで、デイトレだろうがスイングトレードだろうが関わりを常に持つ必要があると思っています。でもそれは「利益を出す」というより「為替差損の穴埋め」が主たる目的。

逆を言えばですね。金(ゴールド)ファンドは私には「持っているだけでは」何の利益もないわけですから(利子も配当もない)、そもそも金(ゴールド)を長期投資として(私としては)考えるべきではないってことになります。ただ単なる「値上がり期待」でしかないんですから。今では金(ゴールド)を持ち、金投資は面白いかもしれないなんて書いたものの、「金(ゴールド)でなくてはならない理由」はないんですね。逆に余計な投資でしかないのかもしれないってこと。ここで重要なのは「上がるものは何か?」と探しては駄目だということ。これは株も同じで、相場とは「波」であるからして、その波でどう利益を出すかなんですね。「買っておけば儲かるものはないか」という発想自体がそもそも大間違いだってこと。

ま、そんなこともあって、マレーシアに行ってからは金(ゴールド)投資はやめる方向だというのは前に書いた通り。勉強にしてはちょっと投資額が多すぎてちょっと買って持っておくか~じゃ済まない。とにかくもうジジーで残り少ない年月ですから、悠長なことはやめて、目の前の実利をいかに積み上げていくかに集中するつもりです。

つまり、私の場合は「本業」は「DAXとSP500のE-mini」(先物)のデイトレが主体であって、米ドル、豪ドルも先物で「スイングトレード」を(将来)するということ。多分、為替をデイトレする余裕はないと思います。それに手を出すならDAXとE-miniにもっと集中するべき。そして資産はやっぱり債権投資であって、それは当然長期投資となるわけで、債権の動きそのものから利益を出すことは考えません。

ややこしいですが、投資には二種類あると分けて考えています。この2つは全く別の考え方で動かします。

◯ 基本収入。これは日銭と言っても良くて、デイトレで稼ぐ。ここから生活費を出す。こっちは年間利回りの目標ってなくて、レバレッジも効かすし毎日何回も回転させるから投資額そのものは少ない。またデイトレの性質上(あるいは私の手法では)大きくしたくでも出来ない。これは投資というより、「海へ漁に出る」「裏山にイノシシを捕まえに行く」に似ている。これに必要な投資額は「釣り船、釣り竿や針、餌」「猟具」を買うのと同じようなもの。(笑)
◯ 資産運用での収入(レバレッジ1倍)。年間利回り7%目標(近年はほとんど無理)。利息や配当には手を付けず再投資。基本収入での余剰分をこちらに移して長期投資に向ける。リスクコントロール(想定される為替差損の穴埋め)としてその資産の通貨は「スイングトレード」をする。

これって考え方は単純なんですが、運用はかなり難しいんです。日銭で1日100万円稼ぐのって簡単じゃないですが、資産運用の方ではちょっと為替が動けばすぐ100万円は消えていくんですね。だからデイトレがどれほどうまく行って稼げても、大きな流れに着いていけないと簡単に資産は吹っ飛ぶわけです。円とドルだって数十%の幅で動くわけで、デイトレでいくら稼いでも焼け石に水ということが起きる。だから長期投資は難しいとか不得手だと言っていると、いつか泣くことが起きるのね。つまり、デイトレは続けられる限り続けて、もしものときに備えなくてはならない。でも「(リーマンショックみたいな)何かが起きると」ちょろちょろためたものなんか簡単に吹っ飛んでしまう。長期投資もしっかり出来るようにならないと駄目だってことなんですね。少なくとも日頃からその大部隊の方の(起きるかもしれない)為替差損を埋めるべき行動も続け無くてはならないはず。orz

この考え方って「日本に住み、日本円の資産を持っている普通の日本人」でも必要な考え方だと私は思っていて、「日本に住んでいるんだから為替は関係ない」なんて考えてはならないんじゃないでしょうか。円高は「世界的に見て資産増」になりますが、円安は困る。「自分がどこに住んでいようが視点は世界に置くべき」で、日本から一歩も出ないとしても「世界的に見た【資産価値】の維持」は大事だと思います。つまり、円安というリスクを無視せずにその対処方法を考える。

起きるかもしれない為替差損ですが、そもそも「利回りの良い通貨は下げ方向の力が働いている」ってのを忘れてはならないわけです。利回りが良いとどうしてもそちらに釣られてしまいますが、過去を見ればわかるように「金利に釣られて儲けるのは難しい」のね。マレーシアの金利が良いと思っていても同じことが起きる。逆に円は将来的に円高に向かうと私は見ています。世界の経済がおかしくなれば尚更です。これは日本の景気がどうじゃとか、政府の借金(日本の借金ではない)が1000兆だろうが関係ない。「日本円は破綻するだろうから外貨に・・」なんてのはあまりにも単純で錯覚と言っても良い論理だと思っています。でも円を持っていてもそこからは何も生まれない。困りましたよね~~。少なくとも「実質金利」に注目するべきですが、海外在住者は日本でお金をつかうわけじゃないから実質金利も関係ない。

金利が良いと言われるリンギットも、インフレ+その他の経年に寄る支出増を考えれば、決して有利ではないのは明白。それプラス為替の動き。ま、どこにも良い話なんかないのが現実なんですね。

マレーシアに渡って、リンギットを多く持とうとは今のところ考えていないのはいつも書いていますが、これもマレーシアに渡って月日が経てばまたいろいろ面白いものも見つけるんでしょうし(笑)、リンギットは持たない、なんて言わなくなる可能性もありますし、なんと言ってもリンギットで生活するのは間違いがありませんから、リンギットのFXはやることになるんだろうと思っています。

ところで、リンギットのFXがあるのか?と思う方も多いと思いますが、それが存在するのはこのブログの読者に2013年に教えていただきました。IG証券です。今でもあるのかな?見てみましょうかね。

間違いなくIG証券でMYR/USDがあります。以前、動かしてみたチャートを出してみましょう。

2015-10-29_16h21_44

これはIG証券のチャートですが、私はこの設定(一目均衡表とMFI)だけで十分スイングトレードは出来ると思っています。ただし、スプレッドや手数料、値動きから考えて「デイトレは不可能」だと思いますし、あえてリンギットでデイトレをする必要もないと思います。FXのデイトレをやるならEUR/USDで、また円が動くときにはUSD/JPYもありでしょう。どちらにしても私が米ドル、豪ドル、円に関わるときには先物でやります。オプションもありますし。

リンギットのFXはここ。

FX | バイナリーオプション | CFD | IG証券

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

美味しくないビーフスープをどうにか救った

手抜き、時短でいつもはやらない「全部、圧力鍋を使う」方法でビーフスープ、っていうかシチューか、を作ったのは前に書きました。

牛骨も牛肉もたっぷり使ったのに、なぜか牛のフレーバーが非常に弱いし、なんだかいまいち美味しくありませんでした。

RX1R-07039

これじゃどうにもならないと思って、これにトマトペーストも足し、また煮込んで煮詰めました。スパイスはイタリア系。

ただ牛の味が薄いってのがどうも気に入らなくて、そこで閃いたこと。また牛肉を足せば良いと。(笑)

冷凍庫を探したらありました。和牛のスライス。焼肉用ですね。骨付きカルビもあったのですが、焼肉用のほうが使うのが簡単なのでそれに決定。

RX1R-07041

これを塩コショウしまして、かなり熱いフライパンで表面だけさっと焼く。ミディアムレアぐらいにして、それをシチューの中に入れて食べる。

トッピングのチーズはパルメジャーノ。

RX1R-07042

美味しかったけれど、牛骨じゃ煮込み用牛肉じゃとたっぷり使ったほどのものではなし。これならコンソメの素とかビーフシチューの素でも入れれば問題なくできちゃう味。

ま、美味しくないのをどうにか救えたってことだけの話です。

でもこの最後に肉を足すってのは久しぶりでした。前にビーフカレーを作った時に、それはそれで美味しいのだけれど、ステーキのリブアイがあったのでそれを真面目に焼いてカレーの上に載せて食べたことがありました。ま、ステーキカレーってことですが、カレー自体も美味しくて、ステーキも美味しくて、こういうのもアリだろうと・・。

ん?ベトナムのフォーも同じですね。牛骨と牛肉でしっかりスープを取って、最後には別の肉を入れて食べるんですから。あれれ、これが世の中では普通なのかな?そんな気がしてきました。フレンチなんてまさにそれで、味出し用の肉は食べないのが普通。昨日作った私のビーフシチューは出し用の肉まで食べようとしていたってことか・・。

でも牛の味が非常に薄い仕上がりになったのは間違いがなくて、私はそれってやっぱり圧力鍋のせいだろうと・・・。

圧力鍋が悪かったのかどうか検証しないとなりませんねぇ。

同じ材料を同じ量、買ってきて、ベトナムのフォーを作るみたいに10時間ぐらい掛けてじっくりやってみましょうか。で、最後は、今日と同じ和牛の焼肉用の肉をいれて食べる。

でもパスですわ。今回も鍋にいっぱいあるのに、どうして同じものを作る?ヨメさんに「バッカじゃないの?」と言われるのは目に見えているし。

そういえば、昨日から【また】ヨメさんと喧嘩中です。一切口をきいていません。あっちが勝手に怒っているというより、今回は私もいささか呆れて、しゃべる気無し。感情のままで論理性が全く無い人って本当に疲れる。あ~~~あ、一生懸命我が家の将来を考えているのに、馬鹿みたいだわ。どうしてなんでも「好き、嫌い」で判断するんですかねぇ。皆で話し合って決めたことも「気分で中止する」し。私もそんな生き方をしてみたい・・・。

数カ月後に始まるマレーシア生活も、そう簡単には行かないであろうことは十分、予想できます。読者が楽しみにするようなことが起きるかも(笑)。好き勝手なことを押し通すって、共同生活は無理ってことですもんね。

となれば、誰かが折れるしかなくなる・・・。(T_T)

北朝鮮の人民の気持ちがよく分かる、今日このごろ・・・・・・。(笑)

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

新聞に「私の紹介」が出るかもしれない、に関して

地元の日本語新聞に、私の紹介が「半ページ、あるいは1ページ」乗るかもしれないということに関して日記を書きました。でもちょっと内容が過激かもしれないと思って、公開はやめました。

でも一度公開にしてしまうとそれがブログ村に出ちゃうんですね。その表題を見て興味がある方が随分ここに見に来ているのがわかりました。でもそれらしきエントリーはなくて、「この野郎~」って思っているかもしれない。(笑)

あの時に「非公開」にしたものを再度公開しようとは思いませんが、結局はですね、新聞の1ページの「紹介」は断ることにしました。

酷いんですよ。メールが来てそれを知らされたわけですが、インタビューもするし、私が書いた原稿を元に「ライターが書く」とのことなんですが、なんかちょっと変なんですよ。

「半ページXXXドル。1ページXXXドル」

って書いてあるんです。

これってボケている私は「原稿料か?」って思うわけですよ。でもそれもおかしいと思うし、よくよくそのメールを読んでみると、それは「私が支払う金額」なんですね。

要は「人物紹介欄にXXXドルで貴方の紹介を載せませんか」という招待だったわけです。でもそこのところをはっきり書いていないメールで、私はこれに腹が立つわけです。

がっかりどころか馬鹿野郎って思いましたよ。ま、誰でもそれに載せたい人が載せられるってわけじゃないんでしょうが、私はこういうのは好きじゃないんです。ありがたくもなんともない。バカにされたぐらいに感じました。

もちろんすぐに断りの返事を書きました。

でも商売をしている人には良いんでしょうね。自分の名前や顔が「日本人社会」に知れ渡って、当然、どんな仕事をしているのかも出るし、「日本人コミュニティーに貢献したい」なんてことをうまい具合にライターが書いてくれるんでしょう。

自分で広告としてそんな内容を出したら馬鹿だと思われますし、普通の広告なら1ページなんて5000ドル以上の広告費がかかるはずで、商売をしている人なら喜んでこの話に乗るんでしょう。

でも私みたいな普通のジジーにその話を持ってくるってことは、載せたい人が少ないのかな?

さーーて、その新聞を見てみましょうかね。どんな人の紹介がどういうふうに書いてあるか。(笑)

また金額は少ないしろ、金を取るわけだからそれは新聞社にとっては「広告」なわけで、その新聞の「人物紹介欄」に「広告」という文字が入っているのかどうか確かめたいと思います。

もし「俺の名前と顔を知らしめたい」「うまい具合に仕事の告知にも使いたい」って人は新聞社にアプローチしてみたらどうですかね。オーストラリア在住者でこのブログを読んでいる人ってかなり少数ですし、まさか「金を出して載せてもらった」なんて読者にはわからないでしょうから。

ま、このネタバレをここに書かれたら新聞社も含めて困る人もいるんだろうけれど、ま、私みたいな偏屈ジジーにメールを送って、なおかつ「(読み手を馬鹿にした)はっきり内容を書かない書き方」で、そして「ご内密に」ってな一言をつけるのも忘れたわけだから、運が悪いと思ってくれ。

あるいは「こういうことはネタばらししては駄目なんです。常識です。こういう企画は普通にあることですが・・」なんていう若いのもいそうだ(笑)。そんなことはわかっていますよ。私も過去にその新聞に毎月広告を出していたら、「人物紹介欄で紹介しましょう」って言ってきて出してもらったこともあるし。

なんだか今の世の中って「誠意とは何か」を忘れている、あるいは曲解している人が多いような感じがするんですよ。私が育った日本はそういう国ではなかった。

 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

圧力鍋って使うのが難しい・・

久しぶりにビーフスープを作ることにしました。もちろん「スープの素」的なものは一切使わずに、大本のスープも牛骨から取る。でも手抜き、時短で「全て圧力鍋を使う」ことにしました。

でもなんだか美味しくないんですよ。牛のフレーバーが完全に飛んじゃってる。「肉をケチったな?」みたいな味。

途中でやる気も失せて・・・

RX1R-07039

牛骨は「韓国っぽい味」が出る「肋骨」を使いました。脂が半端じゃなく多いのが気になりますが、脂は後で取れば良いし、ここから味がでるんでしょう。

これは最初に流水で綺麗に洗います。これはどんな牛骨を使う時でもお約束で、ノコギリで切ってありますから「骨のカンナ屑」が付いているんですね。それを綺麗に洗う。ただ「韓国風」みたいに水に数時間浸けるということはしません。

これをオーブンでしっかり焼きます。脂がごっそり溶け出てきます。

RX1R-07034

焼いたものを水から圧力鍋で煮ますが、圧力をかけてから弱火で1時間。冷めてから骨やら味の抜けたスジ、肉は全て捨てます。

そこに牛肉を入れてまた煮込むわけですが、煮込み用の安い肉をこれまたしっかりオーブンで焼きました。

RX1R-07036

これをスープの中に入れてまた圧力をかけて10分。その間に野菜も(手抜きで)オーブンで焼きます。

RX1R-07037

肉入りスープが入った圧力鍋の蓋が開けられるまで圧が下がったらこの野菜を入れて、また10分。最初から肉と野菜と一緒に圧力鍋に入れると「野菜は溶けるほど」で「肉はまだ硬い」様になって、「こちらを立てればあちらが立たず」みたいに思うから。

それぞれの煮込み時点でハーブやスパイス類を好きなように入れますが、基本的には「圧力鍋では香りが飛ぶ」のはわかっていますので、最初は適当にしておいて、ここから本格的に味を付けていくわけですが、この時点で、「なにこれ?」みたいな味。牛のフレーバーが非常に薄い。牛骨も肉もかなりの量なのに・・。

ま、しかたがないのでこれに「ブラウンソース」を作って(バター・小麦粉を茶色になるまで炒める)足して、これも手抜き時短で「トマトペースト」を入れて煮込み、そろそろ出来上がる時の状態が一番上の写真です。

「良い匂いがするねぇ」なんて様子を見に来た長男が、(勝手に 笑)味見をして、「牛の味が薄いね」とすぐに指摘。orz

こんな経験は今までになくて、どうしてだかわからず。

一つ言えることは、今回は全て圧力鍋を使ったってこと。今までは牛骨スープは(手抜きで)圧力鍋を使っても、肉を入れてからの煮込みはスロークッカーを使ったり、あるいはガス台で「コトコト状態」を保って数時間煮込んでいました。それと比べると「味の違い」がはっきりしています。入れるもの、味付けはいつもと殆ど変わりがないのに不思議です。

圧力鍋では香りが簡単に飛んでしまうのはわかっていたものの、牛のフレーバーまでここまで飛んじゃうとは想像していませんでした。

でも昔はいつもそうやって食べていたわけで、近年、調理に凝りだしてから「圧力鍋は使わない」ようになり、その違いかと思ったり。真剣に作るときには(たとえばベトナムのフォー)牛骨もコトコト煮込みますから。

やっぱりそこが違うのかなぁ・・・。

そりゃ圧力鍋で同じ味が出るなら、圧力鍋を使わないのはアホってことになるわけで、拘る料理人が圧力鍋を使わないというのもわかります。特に、まさかと思いましたが、あのストリートフードみたいなベトナムのフォーのスープってどんなレシピを見ても数時間掛けて「ちゃんと見張って面倒を見ながら」つくるんですね。私は初めてフォーの作り方を勉強した時に、このこだわり方って「コンソメスープと同じだ」って思ったくらい。

ま、圧力鍋を使うと「濁るのが普通」ですが、それは良いにしても「味、香りが飛ぶ」というのを今回もしっかり確認したという結果でした。

また「出汁を取る」「柔らかくする」には手早くてよいですが、その反面、「雑味も出る」「素材の味が抜けちゃう」「形が崩れる」ってこともあるはずで、(私には良くわかりませんが)上品な味にはならないのかと思ったり。特に、圧力鍋で「長時間」火を入れればそれは間違いがなさそう。

圧力鍋って「素人には良い」ような気がしていましたが、実は逆で、かなり使うのは難しい調理器具じゃないかと思ったり。素材の組み合わせとか時間とかきっちり考えないとダメなんでしょう。時短が出来ると同時に、変化も早いわけで、なおかつ「途中で様子を見れない」から、素人には難しいはず。少なくとも私には難しいと感じます。

その点、スロークッカーっていわゆるバカ◯◯◯みたいなもんで、スイッチを入れて放置するだけで結構美味しいものができるのね。「加熱はゆっくり」「コトコト煮る」ってのを勝手にやってくれるわけですから。カレーなんか、「次の日の美味しいカレー」が最初から食べられる。

私の課題としては「圧力鍋を使いこなす」前に、「ちゃんとしたものを作る」ことが大事で、その後、少しずつ「時短」「手抜き」を考えて圧力鍋を導入するべきであって、巷で言われている「圧力鍋を使えば簡単」ってのは大嘘だと思いました。あるいは消費者を馬鹿にした言い方かも。「あんたのベロにはこれで十分」みたいな。

そういえば「圧力鍋は難しい」というのを若い時に経験したことがあるのを思い出しました。母が昔やっていた新橋の店ですが、ある時に「大きな圧力鍋」を入れたんです。100リッターぐらいの糞でかい奴で、これで豆を煮るんですが、結局フニャフニャしたものと芯が残るものが出来て、どうやっても駄目で使うのを諦めたことがありました。

私がいつも見ている動画レシピはプロの調理人、あるいはかなりの腕の素人のが多いのですが、まず「圧力鍋を使う」ってのが皆無に近いんです。で、「圧力鍋」を検索語句に入れると出てくるのは素人のものが圧倒的に多い。「プロ」の語句を足して検索しても出てくるのはごく少数。あるいは「プロの素人向けのレシピ」だったり。

「プロは圧力鍋を使わない」というのではなくて、「使うポイントをわかっている」ってことじゃないですかね。彼らは素人みたいな使い方をしているわけじゃないんでしょう。

ま、私としては「圧力鍋は極力使わない方向」で行くのが勉強になると思ったり。手抜き、時短を考えるのは「ちゃんとしたものが出来るようになってから」かもしれない。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

KLのガーデニング情報満載のサイトを見つけた~

ガーデニングが好きな方は多いと思いますが、知らない土地に行くと何が何だかわからず。どんな植物があるのか、それらはどこで売っているのか、またガーデニング関連グッズはどこで手に入れるのか。

ま、日本でもオーストラリアでも大きな「ホームセンター」に行けば・・・と思いますが、私としてはもう少し細かな情報、専門店の情報も欲しいと思っていました。

で、欲しい情報満載のサイトを発見。

ナーサリー、ホームセンター、ガーデン専門店、また地区別の店の存在もわかるし、例えば「洋ラン専門」のナーサリー、あるいは農園までわかる。ハーブ、トロピカルフルーツ、あるいは盆栽専門店、農園とかも。

またガーデニングのヒント、どのような植物があって、どう育てるかとか、ちょっとしたガーデニング入門本みたいな情報も満載。その内容がマレーシアに特化しているわけですから面白いと思います。これって土地が変わると常識も違うから助かります。

これ、サイト、良いわ~~~~。

MY GREEN FINDER | Plant Vendors

私としては普通のガーデニングではなくて、日本で言う「水耕栽培」(ハイドロポニックス)が好きで、まぁ、水に浮かべるってわけじゃなくて「土」を一切使わないで育てるのに興味があります。家の中に入れても汚れませんし、マレーシアのコンドでも良いかと思っています。

まずはマレーシアでは難しいと言われている「シソ」の周年栽培に挑戦かな(ゴールドコーストでは成功)。それと三つ葉、芽ネギ、カブ、(小さな)辛味大根とか。最近使うようになった洋物のハーブ類も少し育てようかと。それと簡単に作れる何種類かのカイワレ。種はちょっと特殊なのが欲しいので日本から入手する。

かつてはこういうNFTと呼ばれるシステムを並べて地下室で野菜工場をやっていました。(危ないものを育てていると間違えられたこともある 笑)

2016-05-24_16h46_23

マレーシアでもこの手の商用のもの、家庭用の小さいのが売っているし、土の代用になる培地、肥料など諸々を売っている店も何件か見つけました。

ここも一度行ってみるつもり。これはCherasにある。

Malaysia Hydroponics Online Store :: Modern Farming :: Indoor Farming Technology :: Hydroponic Nutrients :: Hydroponic Solution & Services :: Gardening | Malaysia Hydroponics Online Store

日当たりの良い壁際にはこんなのを作るのも面白いかも。これって野菜でも花でも一緒に植えこむことができるし。もちろん土は使わない。

2016-05-24_17h11_36

楽しみだけれど、そんなことをやっているヒマはないか・・・。orz

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

29歳の時に人生を投げたことがあった&自費出版のレコード【備忘録】

私の秘密というかある出来事をやっぱりこのブログに書いておこうと思います。

このブログは「情報発信」ではなくて「私という人間が生きた日記」、「遺言」みたいなものだといつも書いています。いつか私が寝たきりになって天井を見ながら生きる時期に、このブログを一つ一つ読んで一つ一つ思い出したいと思っていますし、また子供たちに「オヤジってこんなことを考えて生きていたんだ」というのを残したいんです。

実は随分前ですが、私の父の日記を発見しました。父がまだ10代の頃のもので、時代は戦時中。最後のページは「広島に新型爆弾が落ちたらしい」で終わっていますが、その日記を読んだ時に初めて父を知ったような気がしたんです。自分の人生で一番付き合いの長いのが両親ですが、では父や母が一体何を考えて生きてきたのか、何をしていたのかって全くと言って良いほど知らないんですね。たわいも無いことの羅列の日記でしたが、父も同じ人間なんだと思った。あの当時の父に会って話をしているような感覚を持ったんです。そして幼い頃から大嫌いだった父と心の中で和解もできたのがその日記のおかげでした。

で、私もそういうものを残したいと思いました。それがこのブログ。でもなんで公開するんだ?って事になりますが、面白いもので公開することによって続くってのがあるんですね。また普通ならブログには書かない自分の心の中を書くことによって、(ここを読んでいる昔からの)友人との繋がりも深くなったのは間違いが無いし、意見交換もできるし、子供もたまに読んでいるようで、「あのことに関してだけど・・」とこのブログがキッカケで息子たちと話が進むこともあるのでこれでよいと思っています。

これを書くキッカケは「ユキ」さんというこのブログの読者で、私がゴールドコーストに来る前の1980年代から日本とこちらを行ったり来たりしている方で、同じような趣味、考え方を持っていらっしゃいます(彼はいくつも事業を持つ資産家だという点は私と違う 笑)。そのユキさんがコメント欄に最近亡くなったカーレーサーだった式場壮吉氏のことを書かれました。そして式場氏のヨメさんがあの欧陽菲菲であったと。ユキさんは私より数年年上の方で、ちょっと時代がずれているのですが、ジジーという点だけは共通で、懐かしい話題がよく出てきます。

そしてそのコメントで、今、書こうと思うことを思い出したのです。このことはヨメさんにも息子たちにも話したことが無い内容。ブログにも書いたことは無いはず。

でも、私もかなり記憶があやふやになっているところもありますので、これを機会にここに書いておこうかと。

-----------------------

欧陽菲菲が彼の奥さんだったのは彼の死去のニュースで知りました。意外でした。

欧陽菲菲って言えば「ラブイズオーバー」。あの曲は思い出の曲で、彼女が歌い出す前に私は歌っていて(ギターの伴奏)、「良い曲だね~、なんて曲?」とよく聞かれていたのを思い出します。

このことはブログに書いたことがあるかわかりませんが、自費でLPレコードを作ろうとしたことがります。「俺はもう終わりだ」と思う時期があって(29歳)、自分の青春、思いをそれにつぎ込んだ。「Everything must change」というサラボーンの大好きな歌から取ったLPの題名で、その歌はB面の一番最後。で、ラブイズオーバーはB面の1曲め。

全部で何曲だったか忘れましたが、A面の一曲目から「出会い」「恋」「幸せな時期」「変化」とストーリーが作ってあって、B面に入ると「破局」「混乱」「自己嫌悪」と続き、最後に「Everything must change」で「人生の諦め」というか「達観」とでもいうか。結局、世の中は「諸行無常」「すべてのものは変わる」みたいな。ただし、変わらないものがある、それは「Rain comes from the clouds, sun lights up the sky, and humming birds do fly・・・」みたいな。究極の孤独を感じていた頃でした。全てプロの(売れない)バンドマンに伴奏をお願いして、ちゃんとしたレコード会社でカラオケを録音しました。

これはNina Simone -ですが・・・

当時911に乗っていて、それは首都高で単独事故を起こして廃車。保険金は降りたものの金銭事情が悪くなったのも重なって、最後の最後で資金が足りずにLP制作は断念。これって市販はせずに、私と縁がある人に無料配布する予定でした。でも寄付は募っていて、10万円出してくれた友人もいた。

そしてそのLPの最後の最後に「まだ見ぬ子たちに・・・」という題名の私の遺言みたいなものも入れる予定でした(まだ独身)。これは文字を「音」に変えまして、FAXみたいなピーヒョロヒョロヒョロを入れました。普通の人には何が何だかわかりませんが、やろうと思えば文字に変換できるような細工です。「お前たちのお父さんの本当の姿はコレなんだよ」みたいな内容のメッセージです。そして「絶対に(私みたいに)人生を投げるな」と。

これで本当の自分は死んで、世間に流されて生きる(どうでも良い)人生が始まると本当に思っていて、私の墓標みたいなLPだったんです。でもどうしても「俺という人間がここにいた」という証拠を残したかったんです。この精神的落ち込みって酷くて、それが後に偏頭痛となって出てきました。これが半端じゃなくて仕事も出来ない、危なくて車の運転もできない。毎日家で強い薬を飲みながらボーッと生活するようになりました。

全部で12曲だったかなぁ。ラブイズオーバー以外は全部英語の曲でした。懐かしいです。

でもその後、ヨメさんと出会い、結婚し、子供も生まれて幸せを掴んで、あの当時の暗い気持ちはあれが最後となりました。きっと将来ああいう落ち込み方は絶対にしないと思います。ヨメと子供たちに会えたこと、これ以上の幸せって私にはなくて、彼らのために生きることができるだけで幸せ。私の人生は「有難う」で終わるのは確定しています。(笑)

ユキさんが話題を振ってくれて懐かしいことを思い出しました。有難うございます。

-----------------------

このLPですが、全てをオーガナイズしてくれる知り合いのプロがいまして、彼がそれぞれのパートのスタジオミュージシャンを集めて、護国寺にあったレコード会社のスタジオでまずはカラオケだけ録音しました。それこそピアノ、ドラム、ギター、ベース、サックス、パーカッションとか7,8人来たはず。プロって凄いなぁと思ったのは、最初に楽譜を渡して簡単なブリーフィングをして、一回練習をしただけで次に録音なんですよ。嘘だろ?って思いました。

私も一緒に歌うのですが、私の歌は録音はせずに「私がどう歌いたいのか」を彼らに知らせるためだけなんですね。で、一発取りで終わる曲もありましたし、中には「ちょっとあのパートだけやり直させて~」なんてギターが言ったり。そのパートだけ別に録音するんですね。そして後に合成する。でも一曲まるまる取りなおしってのはありませんでした。ただ、スタート時に「これじゃ早過ぎる」とか私が注文をつけて変更したり、(怒られそうなのを覚悟しつつ)「ギターソロの部分はこんな感じにして欲しい」とか。

プロって本当に凄いと思いましたっけ。上手いなんてもんじゃないのね。でも全員、全く売れていない人たちばかり。録音は8時間ぐらい掛けて(多分)12曲録音したのですが、みなさんそれぞれは初対面。ドラムなんていちいち運んでくるわけで、当時「ボーイ」と呼ばれていたお付の人というかヘルパーも荷物運びで来るわけですよ。それなのに支払ったのは2万円以下。他のパートも日当1万円代でした。今から30年以上前ですが、大変な業界だなと思いましたっけ。

で、その後、そのカラオケで私は時間を掛けて練習し、全部をまとめて面倒を見てくれたプロ(彼はピアノ)と週に1回ぐらい、彼のスタジオで練習し、最後はまたスタジオに行って録音という段取りだったんです。その後、それをLPにプレスして・・と続くわけですが、私はジャケットの写真も考えていました。写真の状況としては、喫茶店のテーブルの上のタバコの灰皿には吸い殻がいっぱいになっていて、その横に空の紅茶のカップ(私はコーヒーは飲めない)。そして窓ガラスには雨の水滴。外側はぼんやりしていて見えない。私は全く写らない。そんな写真を考えていましたっけ。ま、「何かを待っている」図ですね。

このLP制作って結構大掛かりでお金も数百万円かかるわけです。LPの枚数自体は50枚と決めていましたが、売りませんので全て自費。でも寄付を募ったら「出す出す」と喜んでくれた友人が多くいて、中には10万円出してくれたのもいました。

でも私の仕事も傾いてきて、挙げ句の果ては高速道路で単独事故を起こして大好きだった車は廃車。保険金はおりたものの、私の金銭事情はかなり悪くなってしまって、結局そのLPづくりは休止し、そのまんま。

ま、なんでLPなんか作ろうかと思ったかですが、いろいろありまして、もう自分は終わりだなと思ったんです。この内情はやっぱりここには書けませんが(分かる人にはわかる 笑)、学生時代に起業してイケイケどんどんで前に進むことしか知らなかった私がかな~~り大きな挫折をしたんです。精神的にはもう完璧アウトって感じで、立ち上がれそうもありませんでした。だから夢も野望も捨て、普通に生きるしか無いと思ったんです。でも「俺という人間がここにいた」という証拠をどうしても残したかったんです。その思いをそのLPに託しました。

この時の精神的な落ち込みは半端じゃなくて、それが強度の偏頭痛として体に出てきました。右半分が痛くなるのですが、これが突然出てくるんです。まぁ、痛いの何の、経験がある人はわかると思いますが、顔は変形してきますし、目も見えなくなるんです。頭を抱えてのたうち回るほど痛くて、近くに尖ったものがあればそれで頭を突っつく、壁に頭をぶつけるとか、そんなふうになる。

当然、仕事なんかできないわけで、また自動車の運転がまるでダメなんです。目も見えなくなりますから、偏頭痛が出てくると車を路肩に止めて、それこそベソをかきながらその痛みが去っていくのを待つばかり。医者にもいろいろ行ったんですが、良くならず、また痛み止めの薬がかなり強力なんですね。それを飲むとラリっちゃう(笑)。でも痛みが消えていくわけでもなくて、薬漬けで毎日家でボーーッとするような生活をしていました。完全な廃人状態。仕事もない、収入もないんですからLP制作どころの話じゃない。でもこの病気がある限り再起は不能だと思ったんです。29歳でした。

でも人生って不思議なもので光が差してくることもあるんですね。ヨメさんと再会し、トントン拍子で結婚し、そして子供も出来た。不思議なもので、ヨメさんと再会してあの恐怖の偏頭痛もピタリと止まり、その後、今まで一度も出てきません。ヨメさんに私の命を救ってもらったようなものです。でも仕事もない私と良くヨメさんが結婚したと思う。(笑)

ま、それから紆余曲折がありながら私の復活劇が始まり、子供が3歳になるころ(下の子は妊娠中)、こいつらもこの日本で自分を殺し周りの目を気にしながら生きていくんだろうな、と思った時です。冗談じゃね~~、そんな人生を送るために子供が世に出てくるのは申し訳ないと思ったんです。よし、日本を出よう、と。そしてゴールドコーストに渡ってきた。でもこれもラッキーでした。自分の仕事や資産も綺麗に処分できたし、永住権もすぐ取れたし、どこかで歯車が一つ狂っただけでオーストラリア行きは「儚い夢」で終わったはず。

ま、オーストラリアに来たからって知り合いがいるわけでもないし、仕事があるわけでもないし、ゼロからのスタートでしたが、やっぱり若さですよね(38歳)。恐怖なんか全くありませんでした。今の私は「早期退職、海外移住なんか簡単に考えるな」といつも書いていますが、あの当時の私にそういうジジーがいたら「このジジーうるせぇなぁ」で終わったはず。(笑)

でもま、今になれば、夢の途中で挫折する人たちを多く見てきたし、生き残るって本当に難しくて、「早期退職~~~♪」「セミリタイア~~♫」なんて人は簡単に消えていくのがわかるんですよ。出だしは誰でも良いと思いますよ。「大海に船出をしたときの高揚感、満足感」がありますから。でもその後に、恐怖の連続が待っているんですね。これを生き抜く能力が果たして自分にあるのか(or資産はごっそりあるのか)、もしそれらを乗り切ったとしてもいつか必ず歳を取り働けなくなる時も来るんですね。大きな病気や怪我に遭遇するかもしれない。これは自分だけじゃなくて家族も同じ。そして年金は?他の収入は?預金は?老後をどう生きるのか?を考えると、普通に仕事をしていても真っ青なのに、海外に出て社会保障もゼロ、年金もないような状態だったら、それこそ日本国内にいる時の「2倍以上」は稼いで自分でどうにかしないと最後は野垂れ死ぬのは確定なんですね。あるいは何か起きても大丈夫な社会保障が厚い国へ渡り、当然、「好きなだけ滞在できる」「仕事も自由に出来る」【永住権】を絶対に手を入れないとならないんですね。年金も他の社会保障もない、永住権も無かったら「何か起きたら追い出される」んですから。

ま、話は飛びましたが、そんな「人生を投げた」時代が私にもあったということ。

今思うと残念なのは、そのLPのカラオケを私はカセットテープで持って、それを聞きつついつも練習していたわけですよ。でも後にオーストラリアに渡り、毎日の生活でドタバタして10年20年経つ内にそのカセットテープの存在も忘れ、そしてそれも今では見つからない。orz

それどころか、そのLPに入れる予定の曲名さえも全て思い出せません。

この日記はそのLPの備忘録でもありますので、どうにか思い出して書き足してでも過去を忘れないようにしたいと思っています。

曲名とともにその曲を出しますが、当然、私の好きなように、私に合うように編曲してもらいました。ただここに出した曲は編曲後の曲とかなり雰囲気は似ています。

アルバム名 「Everything must change」

A面
1 First time ever I saw your face

2 You are the sunshine of my life

3 I’ve got you under my skin

4 You’re the best thing that ever happened to me

5 Lately

6 Say it isn’t so もしかすると上のLatelyと順番が逆かも。

B面
7 ラブイズオーバー

(ここから悲しい歌が続くのですが、数曲しかなぜか思い出せません。それぞれ何十回も歌ったのに記憶から消そうとする力が働いているんですかね)

? ルージュ

10 I’m a fool to want you

11 Left alone

12 Everything must change この曲名をアルバム名にしました。日本語で言えば「諸行無常」ですかね。

ま、こんな感じの「恋物語仕立て」になっていますが、最後の2曲がそうであるように、人生そのものに落胆し、諦めた時代が私にあったということ。

でも将来を諦めて廃人同然だった私を救ってくれたのがヨメさんで、また子供たちがこの世に現れた。こんな自分でも人並みに親になれて、私を慕い、頼りにしてくれる存在があるのが私の生きがいになりました。

だから彼らの存在は私以上に大事で、何があっても最後まで守り切ると心に決めています。

仲が良いとか、相思相愛とか、惚気話とか、あるいは責任とかそういうのとは違う感覚を持っています。私にとっては彼らは神の存在と同じなんです。彼らがいなかったら私の存在もない。そして彼らがいる限り、また彼らと悠久の時の流れの中で出会い、同じ時を共有できたというだけで私は大満足で、今後何が起きてもあの若かった時のように落ち込むことはあり得ません。

私の人生の最後には彼らに「本当にありがとう。素晴らしい人生を送れた」と言おうと思っています。いつ死んでも悔いなし。

でもなぜかほとんど毎日、喧嘩、怒鳴り合い。なんなんですかねぇ。(笑)

今日ここに書いたことはヨメさんにも息子たちにも話したことは一切ありません。もちろん「私を救った」とか「神と同じ」なんてことは口が裂けても言えません。調子に乗って偉そうにされても困りますもんね~。(^_^)v

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ゴールドコーストに(ちゃんとした)寿司屋が出来た?

ゴールドコーストにちゃんとした寿司屋が出来たとのこと。知りませんでした~~~~~。回転寿司じゃない。

行ってみないとわかりませんが、安くて美味しいと評判の様子。

店の名前は「佐藤」(Sato Japanese Restaurant)

場所はブロードビーチ。1/90 Surf Parade, Broadbeach, Queensland 電話 (07) 5538 5579

フェイスブックはこちら。(クリック)

早く行かなくては・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

広さが足りないコンド。参った・・・・

KLのコンドをいつものように調べていますが、良い所はいろいろあるんですね。

今日はダマンサラを調べていました。で、Glomac Damansara Residencesもいいなぁ、と。隣は大きなモールだし、私の好きなB.I.G.(ソラリスデュタマスと同じスーパー)がオープンしたらしいし、こういう場所なら文句なし。完璧です。

2016-05-22_23h51_46

ワクワクしながら調べたら・・・・・、部屋のサイズが・・・。

またかって感じですわ。

ソラリスデュタマスもそうですし、こういう所が良いなぁってのは結構あるんですよ。最近のコンドは巨大プロジェクトの中の一つみたいでその地域で生活が完結しちゃう。買い物も便利。

ところがこういうコンドの多くは単身者とか夫婦、若い「働く人たち」をターゲットにしているんですね。ファミリー向けのコンドは極端に少ない。部屋数も4BRなんて無いに等しい。

我が家はどうしても仕事部屋が必要なので4BRが欲しい。あるいはかなり広いユニットならお客が頻繁に来るような生活にはならないはずだからリビングの一角を衝立で仕切って仕事部屋みたいに使っちゃっても良いと思っているんですが(我が家は皆でテレビを見るという習慣もないし)、3BRの大きなユニットもないんですね。

じゃぁ、小さな部屋を別に借りれば良いじゃないかと普通ならなりますが、私達親子の仕事は基本的には24時間いつでも動けるようにしておかないとダメな仕事ですから、「家の中」に仕事場がないとどうにもならない。あるいは仕事時間をきっちり決めることも出来なくはないのですが、「夕方から夜中」が仕事の中心ですから、やっぱり自宅のほうが・・・。それにヨメさんを一人で放置しようものなら、間違いなく爆弾は破裂する。

本当に残念。

これだけ調べても、「ここだ!」ってのがない。お金に糸目をつけないならどうにかなるんでしょうが。事務所経費として+3~5000ぐらいはしょがないと諦めれば良いのかもしれないけれど・・。

2016-05-23_00h13_29

今のところ、広さ、部屋数、ロケーション(両親のコンドにも近い)、買い物・飲み食いの便利さ、そして「価格」でいうとスバンのSaujana Residencyがトップ。でももうちょっと出すとKLCC周辺にいくらでもあるのね。ロケーションが問題になるけど。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ