最近、スマホのアプリの充実度が凄い

私はスマホは全く興味がなくて、電話ができてそこそこの写真・映像が撮れれば良いと思っている程度。

スマホでネットサーフィンもしないし、ブログをスマホで書くなんてことは絶対にしない。

でも外出先で、なおかつ暇な時にグーグル検索をすることはあります。でもその程度でしか無くて、いろいろあるアプリを使って何か作業するなんてことは皆無。

スマホが好きな人はスマホでやれば良いだけの話で、私には興味がないし、別世界のことだと思っていたんですよ。

ところがですね、世の中はやっぱりスマホやタブレットこそが「主流」というような動きになっているんですね。

このブログも「アクセス解析」を見ると「スマホ・タブレットで読む」人が半数以上います。だからスマホでアクセスしたらこのブログはどう見えるのかってのも考えながら設計しないと駄目なのね。でもそれも面倒で中途半端で放置しています。

私はなんでもかんでもデスクトップPC(処理速度が早く、モニターも大きいのが良い)でやるのが好きで、ノートPCも持っていますがそれはあくまで「旅行中に使うもの」であって、普段は一切触りません。

やっぱりデスクトップPCじゃないとね~~~~、なんて随分、長い間、思っていたんですが、最近、ちょっと大きな変化の流れを感じるんですよ。

特に写真や映像関係。SNSやインスタグラムの大流行があるからだと思うのですが、かなり高度なことをいとも簡単にやってしまう無料アプリがゴッソリ揃っている。

世の中には様々なソフト、アプリがありますが、今まではPCが主体でスマホのアプリはおもちゃ、おまけみたいな感じがしていたのですが、今は逆に「スマホの方が進んでいる」と感じることが多くなりました。

そりゃややこしい作業をスマホでやるのは難しいですが、デスクトップのソフトでもかなり高度なことをスマホで簡単に処理しちゃうというアプリが結構出ているんですね。それも無料とか有料でも数百円の世界。

「このスマホのアプリをPC上で使いたい」なんて思うものも結構あって、PC上でスマホをエミュレーションするソフトを入れてみたりしたのですが、欲しいアプリに限ってそれでは動かない。(T_T)

だからと言ってスマホでやるには問題があって、スマホって大きな画面のものでもまだまだ小さすぎるし、入力もスムーズにはいかないわけで・・。

処理速度が早いタブレットを買うべきか?

そんなことを考えるようになりました。

また高性能のソフトをいろいろ夜に送り出しているAdobeという会社がありますが(フォトショップの会社)、彼らもスマホ・タブレットを重視するようになって、「PCとスマホと連携させる」ようになってきました。

つまり、大雑把なことはスマホ・タブレットでざっくり作って、細部の微調整が必要ならそれはPC上でやるって感じ。クラウド上でそれぞれを同期させるのね。

でももしプロやオタクみたいにこだわりが強くなければ、スマホ・タブレットで十分な結果が得られるほど凄い性能を持っているのね。別にデスクトップPCで最終的な調整をしないと駄目っていうわけじゃない。

逆に言うとですね、PC上で動くソフトはどんどん専門化していて、私みたいな中途半端なユーザーは進化に追いつけないんですよ。当然、PC上で動かすソフトは値段も上がってくるわけで、最近は、私のやることのほぼ80%はスマホのアプリでも出来るんじゃないかと思うようになってきました。またスマホだから出来るという、今までとは逆に凄いアプリがどんどん出てきている。

スマホの画像処理用のアプリで「Snap chat」って有名なのがありますよね。あれも凄いなんてもんじゃなくて、PCのソフトでもかなり専門的で高価なソフトじゃないと出来なかったことが、スマホで簡単に出来ちゃうようになってる。また私が長年愛用しているAdobeの「Lightroom」という総合アプリがあるんですが、これもスマホ版が出てかなりのことができるようになった。そしてその作業経過ってクラウド上に置いてあって、家に帰ってからその続きをPC上でやって、より細かい設定をすることも簡単。

この傾向が続くと、きっと数年のうちには家でもスマホ、あるいはタブレット用のアプリを大きなモニターに映し出して使う時代が来るかもしれない。で、PC用の専門的で高度なソフトは使わなくなる。そんなことを想像しています。

今でもPC専用ソフトは「これって複雑過ぎて使い方がさっぱりわからない、覚えられない」なんてことも最近、結構多いんですよ。

って、それは私の脳みその劣化が進んでいるだけかもしれませんが・・・。

今まではスマホのアプリを小馬鹿にしていましたが、世界の主流はそちらの方に動いていて、今までは考えられなかったような凄いアプリがいくらでもある。

若者がPC離れをしているって信じられない報道がありますが、それも本当なんでしょうね~~。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ヨメさんが作った「カツオの漬け丼」は・・・

刺身類はほとんど食べない福岡の田舎(浮羽)育ちのヨメさんが、「カツオを漬けにしたら美味しい」ですと。

漬けって「刺し身で食べるにはちょっと・・・」というケースなら良いと思うんですよ。海外ですと日本みたいにいつでも新鮮な魚、刺し身が手にはいるわけじゃありませんから「漬けは漬けの美味しさが~~」なんて贅沢なことは言ってられません。美味しい刺身にまた出会えるかどうかさえもわからないんですから。

でもま、ヨメさんがいうことに反対でもしようものなら、せっかく最近マレーシアの天気も良くなってきたのに家の中だけ「暴風雨警報」が出ることになっちゃいますので、漬けも良いと思うしかありません。

う~~~む。昨日は色も綺麗で、こんなカツオはなかなか手に入らないと思っていたのにこの漬けは美味しそうじゃない色。

昨日のカツオ。

でも漬けで、それも一晩漬けちゃいましたからこんな色になってもしょうがない。

食べてみたら・・・・・・。うん、漬け丼ですわ。美味しくないと言ったら殺されますが、ま、普通の漬け丼。でもローカルで売っている安いマグロで作る漬け丼よりは美味しいと思いました。

やっぱり刺し身で食べたかったなぁ・・・と思いながら食べていたのですが、やっぱりヨメさんは、というか主婦は凄いって思いました。手が込んでいるわけでもないですが、ちゃんと食事として成立しているんですね。当たり前って言えば当たり前ですが、私が作る料理調理実験って「単体勝負」なんですよ。漬け丼なら漬け丼だけ作っておしまいで、その他、お吸い物だの漬物だのは面倒だからパスしちゃいます。

家族に評判の良い「マーボー豆腐」も同じで、マーボー豆腐だけしか作りません。スープがあったら良いと思えば、簡単な即席スープを作る程度。

でも主婦ってちゃんと「食事」にするんですね。

決して手が込んだことをしていないものの、一応はお新香だのお吸い物だの、ニンニクの醤油漬け、その他、卵の黄身は別にするとかいろいろ考えるってところが凄いと私は思っていて、私には到底真似ができません。そんなことまでしないとならないとなったら調理実験の興味が失せてしまいます。

以前は「作るならちゃんと全部作ってよ」とヨメさんに言われ続けていたのですが、そういえば最近は諦めたんでしょう。それも言わなくなりました。食事を作るのはやっぱりヨメさんの仕事で、私は一品作るだけ。(笑)

感心したのはお吸い物とは別に「汁」が用意してあったこと。

「これ、何?」

と聞きましたら、「お茶漬けも良いんじゃない?」と。

その汁はちゃんとしただし汁で昆布と鰹節から取ってある。吸い物とは全く別のもの。(吸い物はナガイの【もずくスープ】 笑)

自分も調理実験をするなら、ちゃんと食事になるように考えないとならないんだろうとは思いますが、私がやりたいのは調理実験であって料理じゃないのね。「あの素材をああやったらどうなるんだろうか」という実験そのものが好き。

ま、料理を作る者としての「プライド」の問題なんでしょうね。

でも私にはそんなプライドは欠片も無い。(笑)

しかし、昨日の刺し身は美味しかったなぁ・・・・・・・・・。あのカツオが一尾まるまるで800円だなんて、こんなラッキーなことはまた起きるんだろうか・・・。

毎日、NSKに行け?

でもモントキアラからクチャイラマって結構遠いんですよぉ。

コタダマンサラに出来たNSK?

まだ行ったことがありません。

あそこならそんなに遠くないし良いかもだ。TTDIもしょっちゅう行っていれば良いめぐり合わせもあるし。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

NSKで買った「スマ(カツオ)(3キロで800円)」を刺し身で食べたら美味しかった~~~~

久しぶりに美味しいカツオを食べた~~~。

良い色していると思いません?

またNSKに行ってきました。

いや、NSKに用があったのではなくてNSKのビルの中にある「メガネ屋」で老眼鏡リーディンググラスを作ったので、それの受け取りです。

ま、メガネのことは横に置いといて、やっぱりNSKまでわざわざ行って何も見ない、何も買わないで帰ってくるわけにはいきませんよねぇ。

でもほとんど「買う気は無しで見るだけ」のつもりでNSKに行きました。

私が興味があるのは魚介類が95%で、あと5%は野菜、果物、その他ですが、鶏と牛肉は一切買う気がありません。

で、魚売り場に直行したのですが、鶏売り場の隣の魚売り場が始まる角にいつも「マグロ」や「カツオ」があるんですね。行くと必ずチェックしますが、今まで買いたいと思うマグロ、カツオに出会ったことはなし。

ところが~~~~~~~~。

今回は「イヤにカツオが新鮮じゃね?」みたいに思いました。

よーく見ると、ウンウン、間違いがない。いつものと違う新鮮さ。そしてですね。いつも小型のが多いのですが、結構大きいのがあったんですよ。

こりゃ、買うしかないじゃないですか~~~。

3キロで長さは50センチ以上あるんじゃないかなぁ。

価格はなんと、30リンギ。800円ちょっと。3キロですよ~。キロ単価は270円ぐらい。安いですねぇ。

シールには「Tongkol」と書いてありますが、Tongkolをスマ、あるいはカツオだと思ってしまうと大間違いで、マレーシアではマグロもカツオも「Tongkol」なんですね。で、カツオの場合は「Tongkol putih」、マグロの場合は「Tongkol hitam」。PutihとHitamの違いですが、これは白と黒。これってマナガツオ(もどき)と同じですね。色が黒いの(クロアジモドキ)がbawal hitamでしょ。白いのがbawal putih。スマ(カツオ)は白(Putih)と覚えるのが良いと思います。

40センチのまな板からこれだけはみ出る大きさ。60センチのまな板もあるんですが、重いし洗うのも大変だからこのまな板を使うことに。(笑)

良い顔してるでしょ~~~。目も見てください。

これが「スマガツオ」なのは、まず背中の模様。サバみたいですがカツオも同じ。

そしてこれですよ、これ。お腹にある斑点。これが「スマ」。日本では「スマ」は高級魚。

まず背びれ、頭を落とすんですが、包丁を入れたら「鮮血」が流れ出ました。この写真を載せるべきかどうか迷ったんですが、この血の鮮やかさを見てほしくて載せることに。これって新鮮な証拠じゃないですかね。もしかしたら当日、揚がったものかも。

まずは背びれの左右に切れ目を入れて、一気に剥ぎ取る。

しかし我が家の包丁のどれを使っても頭がなかなか切り落とせませんでした。出刃も3本あるのですが、大きいものはなく、一番力の入る出刃を使ったのですがまるで及ばず。最後は、骨に傷をつけてからキッチンシンクの角を使って無理やり折りました。(笑)

流石に内臓の写真は載せませんが、私は海外在住者としてはローカルの魚の内臓をチェックするのは「Must」だと思っています。そもそも痛むのは内臓から痛みますし、内臓の状態を見るとかなりのことがわかる。

で、このスマの内臓ですが、これまたしっかりしていて全く匂わない。

カツオは身がやわらかいのにこれはしっかりしているし、いい感じ。

魚の、それもこの大きさのものを三枚おろしにする経験なんてそうそうありませんから、悪戦苦闘でした。でもカツオって身が柔らかいからいじくりまわしていると身が割れてどうにもならないんですよね。でもこのカツオは包丁を入れたときから「弾力」があって、身がべちょっとしていないし、崩れないんですわ。

でもこれをサクにするのがまた一苦労で、そしてカツオの血合いはマグロと違って味がありますが、やっぱりいろいろと気になりますので、できるだけ血合いは落とすことに。

悪戦苦闘の結果がこれ。

これの身体検査はしっかりしました。アニサキスでもいたらうまくないですから。いや、アニサキスはいるものだという前提でいました。その代り、見逃さないようにしようと。

でも発見できず。

これを塩水で洗いまして、冷蔵庫にいれて、私もしばし休戦。

1時間ほどしてから、息子も食べよう食べようと五月蝿いので食べることに。

NSKの帰りに、是非、大葉が欲しかったのと前に「ミョウガ」を売っているのを見ていたのでそれを買いにB.I.G.に行って買ってきたのも準備。

どうやって食べたら良いのか考え出すと止まらないので、ショウガ、ニンニク、ネギ、大葉、ミョウガを用意し、基本は味ぽん。わさび醤油だけはパスしましたが、美味しかった~~~~~。もしも旭ポン酢があればもっと美味しいのでしょうが、もう旭ポン酢は在庫なし。

全く臭みもなしく新鮮そのもの。マレーシアでも新鮮な魚があるんだ~~なんて思うくらい。身には弾力があってブヨブヨ・ベチャベチャ感じは皆無。特に色が良いと思いました。

実はこれだけのカツオをマレーシアに来てから食べたのは初めて。(笑)

脂が乗っていないのはご愛嬌で諦めるしか無いですが、十分美味しいカツオでした。本当に美味しかった。

これで半身。

これを息子と私だけでペロっと食べちゃったのですが、ヨメさんが来て、えええ~~~、カツオ~~~~~~~?

なんて刺し身はほとんど食べないくせに、食べたかったのに~と文句タラタラ。

でも「半身残ってるよ」と言ったら大喜びで、「これの漬けが美味しいのよ」と生モノ嫌いのくせして一生懸命キッチンで作っていました。息子には白ゴマを擦らせていたし一体どんなのが出来上がるんですかね。

「一晩寝かしたほうが美味しい」

とのことで明日が楽しみです。

ちなみにアニサキスですが、一般的な食中毒と違ってこのアニサキスはかなり気をつけないとうまくないと思うんですよ。日本だったら病院に駆け込んでも医者は慣れたもんでしょうが、マレーシアでは魚を生で食べる習慣はないし、アニサキスにやられたなんて医者もわからないかもしれないですもんね。

だから目視ではかなり注意して見たのですが、見つからず。

「でもいるかもしれない前提で食べる」のは海外在住でローカルの魚を食べるなら覚悟は必要だと私は思っていて(いや、日本でも同じですね。全くいないなんてことがあるわけがない)、ちょっと気になる様子を見せていた息子に言いました。

「しっかり噛めば大丈夫だよ」

と。(笑)

アニサキスってなかなか死なないらしいのですが、体に傷がつくとすぐに死ぬらしい。

そんな思いをしながら刺し身を食べたくない?

でしょうねぇ。

でもこれは日本料理屋で食べても同じですから、気をつけないとですね~~~~~。誰がどんな風に刺し身を扱っているのかわからないし。それとも日本料理屋なら問題ない?その根拠は?

ああ、ところで、NSKで買ってきたのは「スマ(カツオ)」だけか?

ふふふ、なわけないじゃないですか~~~~~。でも今回の活エビはほとんど冷凍にするつもり。

実は、NSKって鮮度的にどうかな~と思っていたんですよ。でも今回、それは間違いなのがわかった。また小アジを買って南蛮漬けでもつくろうかと思ったんですが、小アジも良さそうなのがありました。

でもやっぱり自分の目に自信がないとどうですかね。でもそれはTTDIでもスーパーでも同じかぁ。私はスーパーの魚でも「これは良い!」と思ったら刺し身で食べちゃいますが。(笑)

ただ、アニサキスや虫、そして多くの魚介類が養殖物ですから、薬品はどうにもならないにしても綺麗に洗うことは心がけています。当然、生食する場合にはまな板、包丁、布巾はかなり気をつけています。マレーシアって暑くて湿気がありますから、そこらじゅうを雑菌が飛び回って大運動会をしているのは間違いなし。材料や調理済みのものが痛むのはかなり早いですし。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

写真や動画の「360度撮影」「パノラマ」「バーチャルリアリティ(VR)」に興味がある方、必見

私は昔からパノラマ写真や360度撮影に興味があるのは古い読者はご存知だと思います。

たまにブログにも出していますが、この手のもの。

パノラマ写真は誰でもご存知ですよね。これは簡単に一発で撮れる機能を持つカメラも多いし、細部に拘るのなら自分で何枚も写真を撮って専用ソフト、スマホのアプリで合成すると綺麗なものが出来る。

これは動画から画像を切り出して繋げたもので、こんなことも簡単に出来ちゃう。

images-2-2_R

こういうのをプリントして部屋に飾るのも良いし、ブログにこんな風に載せることも可能。画像にカーソルを合わせて動かしてみてください。

そして時代は360度の時代になった。

この手のものです。これも画像にカーソルを合わせてクリックして動かしてみてください。

上下左右だけでなくて、ズームアップも出来る。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

今ではこの手の物をスマホで見ると、スマホの向きを変えるとその方向が見えるようにもなった。

そしてそして、写真ではなくて動画の時代に突入。

でも初期の頃はあまりにもお粗末だったんですね。360度の全てを映してその一部を表示するだけですからどうしても十分な解像度もないし、画質そのものが使いたいレベルじゃありませんでした。

こんなレベル。でもユーチューブが360度動画に対応したので、誰でも簡単に多くの人に見てもらえるようになった。これも映像にカーソルを合わせて上下左右と動かしてみてください。

でも当時はこの手の写真や動画を撮れるカメラはコンシュマーレベルではリコーのシータという機種しかありませんでした。

プロやオタクはどうしていたかというと、何台ものカメラを並べて撮っていました。(今でもプロは同じ)

例えばこんな。

ところがですね、上に書いたリコーのシータが火付け役となって、次から次へと新しい機種が市場に出てきました。それもどんどん性能が進化する。このスピードは驚くほど凄い。

でも良いカメラはそこそこの価格がするわけで、つい最近まではアクションカメラで有名なGoproのFusionが価格的には高いけれどトップを独走していました。

Gopro fusion。

これがあれば、かなりの360度の画像、映像を撮れますし、このカメラのファンは多く、今から始めるならやっぱりこれでしょうと勧める人も多い。

ところがちょっと待って欲しい。

つい最近、Gopro Fusionキラーと言われる機種が発売されました。そしてGopro Fusionより低価格。そもそもGopro Fusionはいろいろ問題もあって、使いこなすには結構大変なんです。パソコンもそれなりの高性能じゃないと編集に時間がかかるとか、それなりのソフトがないと最終的に良いものは作れない。

新しく市場に出てきたのは「Insta360 One X」というカメラ。(会社のサイトはここをクリック)

これが今、とんでもない大ヒットでバカ売れ中。私も注文しましたが、なかなか手に入らないくらい。

これの何が凄いかと言うと、「手ぶれ補正」なんですよ。

動画ってなんでもそうですが、手ブレが酷いものは見てられませんよね。また気持ちも悪くなってくる。

それを補正する器具(ジンバル)や電子補正する機種、あるいは(高価なソフト)で加工するのが一般的でしたが、このカメラは内部にジャイロを持っていてそれの数値で補正をするという比較的新しいジャンルのカメラです。

ついこの前ですが、この会社が新しいカメラを開発し、それには今までとは全く違うレベルの手ぶれ補正が採用されるのを匂わせていました。

この3台のカメラの比較動画を見ると、違いがよく分かると思います。真ん中のが今回発売されたInsta360 One Xです。この動画を見て、多くの360度動画ファンは一体どんなカメラが発売されるのか心待ちにしていたわけです。

そしてスマホとの連携もうまく出来ていて、簡単に撮影、編集、シェア、アップロードが可能。

例えばこんな感じ。これがとうとうカメラとスマホだけで出来る時代が来ました。

日本では有名なユーチューバーの使用レポートです。彼のはわかりやすいので紹介します。

最近、流行っているのはですね、360度の映像をそのまま見てもらうのではなくて、360度動画を「素材として扱う」こと。360度動画から好きなところを好きな見え方がするように切り出して、「普通の動画」をつくるわけです。

視点がどんどん変わる映像なんて、素人が普通のカメラ、ビデオカメラを使ってもまず撮れないんですね。でもこういうカメラがあればそれが出来ちゃう。

これらの映像はカメラそのものはただ持って映しているだけで、それをどう見えるようにするかを考えて切り出しているんですね。それがカメラとスマホがあれば誰にでも出来ちゃう。

これらの映像のほとんどは「自撮り映像」なんですよ。でもカメラマンが別にいて撮っているように見えますよね。

私が前に出した、NSKという魚屋で買い物をした時の映像も、360度映像から切り出したものです(カメラはGopro Fusion)。これに関して質問を頂いたので、興味があるかた向けに、今、これを書いているわけですが、今までは制限や問題ばかり多かった360度動画も、とうとうこのInsta360 One Xというカメラの登場で、誰にでも簡単に撮れるし、そこから今まででは考えられない一般的な動画も作れるようになりました。

私が前に出した動画です。360度映っている映像から、適当にほしい部分だけ切り出して作りました。

とうとう360度映像の幕開けと言って良いくらい、私はドキドキしています。(笑)

今はゲームでもVR(バーチャルリアリティ)の時代に入りましたが、まさにこういう動画を基礎にVRは作られているんですね。普通の動画って、作者が意図したものを見るわけですが、これからの時代は、「見るほうが見たい場所を選べる」時代に入ったってことです。あるいは作者は360度映っている映像から好きなように切り出してストーリーを作れる。

新しい時代になったと思いません?

私自身はこの360度画像、動画でも「Tiny Planet」と呼ばれる「見え方」が好きで、それに集中してあちこちの映像を作ってみたいと思っています。

Tiny Planetとはこんな感じ。

元の映像は360度映っていますから、同じ映像から「車窓中心」「子供中心」などいくつものストーリーが作れるわけです。またこの様に、小さな地球の上を移動しているようにも出来る。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

冷凍庫の奥に入っていた「オージーWagyu」を冷凍のまま低温調理してローストビーフを作った

珍しくヨメさんが「肉を食べたい」と言いだしました。冷凍庫の奥の方に入っていた牛肉を見つけたかららしい。

ふむ、これは「オージーWagyu」に間違いがない。いただき物ですわ。重さは900グラム弱。

私にヨメさんが「肉を食べたい」と言うってことは「ローストビースにして」という意味なんです。ステーキならこれを解凍して切って「ステーキだけど自分で焼いてね」と言うはずですから。

ちなみに我が家ではステーキは各自が好きなように焼くルールになっています。焼き方の好みもそれぞれ違いますし、用意してあるソースが気に入らなければ自分で大根おろしを作ってポン酢で食べようが、ワサビ醤油で食べようが、それも好き勝手にやる決まりです。

でも今回はステーキではなくて「ローストビーフ」ですので私の役目。低温調理ですが、ヨメさんは一度もやったことがありません。いや、温泉卵の作り方を教えてくれと聞いてきたことがあるので、低温調理器のセッテイング、温度、時間を教えたことがありますが、ヨメさんが低温調理をしたのはそれ一度だけ。(笑)

冷凍庫から出したオージーWagyu。

まずそ。(笑)

解凍しないでこのまま低温調理してしまおうと思ったのはこのまずそうな見栄えのせいでもあります。今まで冷凍のまま調理したことって、かつてためしてガッテンの「冷凍ステーキをそのまま焼くと美味しい」というのを見て実験した時ぐらいですかね。ちなみにその結論は「全然、美味しくないじゃんか~~~」でした。

この冷凍肉に「塩コショウ、にんにくパウダー」を塗ったくって真空パック。そしてお湯が調理温度の58度になる前から肉を投入しました。冷凍肉は多少ゆっくり加熱したほうが良いような気がしましたから。

58度で3時間。その後、しっかり焦げ目がつくまで焼きます。

出来上がりはばっちりでした。脂身が多いときにはちょっと温度は高めで低温調理をしますが、これなら良いんじゃないかなぁ。

でもねぇ、やっぱり思った通りのことが起きました。

最初に一口、二口は美味しいんですよ。

でも三口目は「ううううう、脂が・・・・」と思う。

肉に脂身が着いているでしょ。これだけでも「オェっ」ってなるんですよ。ですからこの脂身をはずして食べたのですが、それでもサシが入っていて結構脂がきつい。

脂身そのものは切り落としても、赤身に入り込んでいる脂の多さってこれを見てもわかりますよね。

う~~~~む、本当に脂に弱くなってきた。

でもねぇ、不思議にブタは大丈夫なんですよ。トンカツはロースカツしか食べませんし、脂身が着いていなかったら美味しくないって思います。

でも牛はなぜか駄目。

う~~む、ブタも同じかもだなぁ。最近、あれほど好きだった「角煮」が駄目なんですよ。あのヌルっとした脂に拒否反応が起きる。

でもトンカツに付いている脂は背脂で、あれは大丈夫なんですよ。脂身なのにシコシコした感じがしますよね。ブタのミンチもあの背脂を混ぜ込むと美味しいんですね。ミンチを炒めても脂がどんどん溶けて出てくることはなくて、美味しい脂身が残る。

そういえば、ラーメンの「背脂チャッチャ」ってあるじゃないですか。あれを家でもやってみたことがあるんですが、背脂を細かく刻んでお湯で茹でてもほとんど溶けないんですね。かなり長い時間茹でても脂身が残って浮いている状態。

不思議ですよね。背脂って固くて溶けにくい。でもバラ肉の脂はぶよぶよしていてすぐ溶ける。

しかし、牛肉も好きなのに、「これが美味しい!」という牛肉ってどんな肉なのか自分でもわからなくなっています。

でも少なくともわかるのは「和牛」でも「Wagyu」でもサシがしっかり入っているのは食べられない。でもすき焼き・シャブシャブなら食べられる。牛丼なんか作ったら絶品ですもんね。

一体どうしてすき焼き・シャブシャブなら食べられて、ステーキやローストビーフだと食べられないのか、自分でもよくわからず。

私としてはですね、良い肉である必要はまったくなくて、「脂が少ない肉(でも完全な赤身はパス)」が欲しい。あるいは「すじ肉」みたいなコラーゲンたっぷりで煮込むとプルンプルンになる牛肉が欲しいと思っています。

かつてはLot10の田丸屋で売っていた「スープ肉」がまさに「すじ肉」であれを煮込むと最高に美味しかったのですが、ここのところ見ていません。

またマレーシアでは「腱」を売ってないのね。いわゆるアキレス腱みたいなやつ。一度NSKで見つけたのですが、NSKの肉だけは一度大失敗してから買う気が起きません。

でもどこかで必ず売っているんだろうなぁ・・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ