予定通りの日程で引っ越しは済んだけれど、このコンドは失敗だったかも

15日に入居の契約ですが、話と違って準備がずれ込みそうなので14日にどんな具合かユニットを見に行ってきました。

14日には鍵をもらえるどころか、「準備ができれば」1週間でも2週間でも事前に鍵をもらえるという話だったのに14日の午後に見に行ったユニットは業者が7,8人入っていてゴチャゴチャ。ペンキを塗っていたりフロア磨きの機械を2台も入れて磨いているし、不必要だから搬出してくれと頼んでおいた家具類もそのまま、逆に買ってくれる約束になっている乾燥機やベッドも入っておらず、パッと見た感じではあと数日は掛かる様子。

あーーあ・・・と思ったのですが、明日15日には入居できるとオーナーは言う。でも午後ですとさ。

そして15日。鍵をもらったのが午後。

部屋に入ってみるとペンキの匂いが凄くて目がチカチカするぐらい。そして最後の掃除も済んでいると聞いたものの完了しているのは80%ぐらいか。

これじゃ駄目だとエージェントが言い出して、すぐに掃除のオバチャンを3人頼んで掃除開始。

その間、私たちはAirbnbからの荷物の搬入。

これまた量が多くて、我が家のSUVで3往復。最後はウーバーの6人乗りを頼んでスーツケースだけ8個運んでもらいました。

でも住める状態じゃないのね。でも住むしか無い。(笑)

ここのオーナーはかなりの金持ちでこのコンドに複数ユニットを持っていて、またパブリカにも幾つかあるそうで日本企業にまとめて貸している「本人曰く」不動産のプロで、「期待に沿うようにきっちりやる」と言っていたし、確かに【決断は早く、すぐに実行するタイプ】なのはわかっていました。やることはやるから、しっかり貰うものは貰うという感じで、こういうオーナーの方が付き合いやすいと思っていたんですよ。

そしてこのユニットはその金持ちオーナーが自ら住んでいたところですし、我々もそこで油断してしまいました。

でも入居してから細かいところを見ていきますと「安物ばっかり」。(T_T)

良いものが欲しいわけじゃありませんが、ちょっとがっかりです。

そして大きなトラブルはないものの小さい問題が数多い。ドアがしっかり閉まらないところがあったり、タンスの引き出しがちゃんと閉まらないとか、冷蔵庫の効きが悪い、エアコンの効きが悪い、エアコンのパネル表示が見えないので温度設定とかの状態が見れないのが2台あったり。

家具も壊れているのがあったり、よく見ると金属部分にサビが出ていたり水平が取れていなくて斜めになっていたり。ろくでもないものは撤去を頼みましたが、使おうと思っていた家具がそんなレベル。

買ってくれたテレビも65インチなのは良いですが、聞いたこともないメーカの安物。

我が家はここマレーシアに長い年月住むかどうかわかりませんし、期間は決まっていないものの3年-5年ぐらいの期間で来る「駐在組」と同じで、仕事をするためにきたわけですから住む場所には(あまり)こだわらないでやろうと話し合ってきました。家具にしても「イケアレベルで十分」という考え方でしたが、そこそこ良いレベルのコンドで、借りたユニットはレント代は結構高いのにイケアレベル以下の状態。電化製品もハービーノーマンで売っている一番安いものばかり。

このコンドに住んでいると「良いコンドにお住まいですね」なんてよく言われるんですが、部屋には友人知人を招待したくないレベル。(笑)

そんな状態でも「生命維持」には問題が無いですからかまわないと言えばかまわないのですが、このユニットって280-300万リンギットで取引されている物件で、標準で着いている電気製品もあるわけで、それらのレベルはそこそこ良いのにオーナーが入れたものは安物ばかり。

内見した時に気が付かなかったのか?と言われればその通りで、このコンドそのもののレベル、オーナーが住んでいたユニットであるということから、パッと見た印象だけで「大丈夫だろう」と思ってしまった我々のミス。

また我々はこのコンドで前と同じユニットに住みたいという思いが強く、その思いに負けて簡単に妥協してしまったってことなんでしょうね。引っ越しするのに1ヶ月の差があるのも受け入れたのはそれが理由。

そしてですねぇ、駐車場でも問題があります。

このユニットにアサインされた3台分の駐車場ですが、そこを見に行ったらベンツが2台、フォルクスワーゲンが1台止まっているんですよ。それも高いやつでベンツはEクラス、Sクラスで両方共「AMG」。この車3台だけできっと日本円で6000万円ぐらいはするだろうと思う車。

しょうもないなぁということでマネージメントオフィスに行って、とりあえず違う場所のパーキングロットに車を止めさせてもらったのですが・・・。

調べてみたらその車はオーナーの車なのね。一体何を考えているんだとエージェントに連絡を取ってもらったのですが、オーナーは自分が持っている他のユニットの駐車場を我々に使ってくれと言うんですわ。それはどこ?と聞いているとまさにそれはマネージメントオフィスに言われた場所。

ところがですねぇ、その駐車場って階数が深くてエレベーターから遠いんですよ。

冗談じゃね~~~、本来のユニットにアサインされた駐車場じゃないと困る、とオーナーに伝えたのですが、オーナーはウンと言わない。

なにこれ?

それまでに「このオーナーって口程でもないね」なんて言っていたのが、この駐車場の件で我らはブチ切れました。

内見した時には、いい感じのオーナーで「流石、金持ちは違うなぁ」なんて思っていた自分たちがいかに甘ちゃんだったのか・・。

まぁ金持ちってケチなのは古今東西同じですし、こういういやらしいタイプがいるのもわかっていたものの、まさかあのオーナーも・・・なんて全く考えもしませんでした。

あの話の上手さ、押しの強さで財を成したオーナーなんだろうね、なんて家では話をしていますが、まさかそれにうまくはまってしまったのは我々のミス。これは間違いがない。

コンドそのものは本当に気に入っていて、我々としてはAirbnbであちこち泊まって調査したり、その後、内見したなかでもやっぱりここが良いねと思ったコンド。それなのに・・・。

このユニットは今まで1年住んでいたのと同じコンドで、棟が違うものの全く同じレイアウトで同じ広さ。

でも

◯ レント代は前より10%以上高い。
◯ 階は10階以上低い。
◯ 買わなければならない家具、電化製品がある。(洗濯のドライヤーや大型冷蔵庫、メインベッドルームのテレビ等)
◯ 現存する家具類が安っぽく、金属部分が錆びていたり水平が取れていなかったり。
◯ まともに動かない電気製品がある。(クーラー、シーリングファン等)
◯ 駐車場が本来の駐車場ではなくて、深く遠い。
◯ 私の部屋のベッドは「子供用」。(笑)

今思えば、前に借りていたユニットがどれだけ良かったか・・と思いますわ。そこの電化製品や家具類も決して良いものじゃなかったけれど、問題があるようなものは無かったし、問題があるような「こと」も一切ありませんでした。

今回、油断してしまったのもその前のユニットの印象があったからだと思います。そしてオーナーが自ら住んでいたユニットで、そのオーナーはかなりの金持ちなのはわかっていましたから、まさかこんな部屋になっているとは想像もしていませんでした。

甘かった・・・。

いい勉強になりました。

このコンドそのものは本当に素晴らしくて気に入っていますし、電化製品だろうと家具だろうと気に入らないものは返して、我々の気に入ったものを入れようと思うことにします。マレーシア滞在は我々にとっては(何年になるかわからないにしても)腰掛けの滞在でしかありませんが、「我慢を強いられる生活」だけはしたくありません。

そういえば、もうマレーシア滞在が10年になる私の両親+姉のコンドですが、借りているコンドで元々は家具付きだったのに、ソファーじゃベッドじゃテレビじゃ冷蔵庫じゃとかなりの部分を自分たちで購入して入れ替えて住んでいるのを思い出します。

こんなことなら、最初から「家具なし」の部屋を選んで、自分で選んで「家具のレント」なり購入したほうが良かった。

また長期で住んで、そしてお金に余裕がある人たちが「コンドを買う」のもよーーくわかるような気がします。

でも私達としてはまずどんなにお金があっても買わないだろうなぁ。

というのはマレーシアのコンドの「劣化の速さ」「メンテの悪さ」を考えると、長期で持つのは難しいと感じるのです。建ったばかりは良いのでしょうが、ちょっと古くなると外壁はもちろん、駐車場は「廃墟の様」なコンドは多く見てきましたし、気に入っているこのコンドでも「何でこんな汚いまま放置するんだ?」と思うところは多々あります。

他のコンドでも「玄関だけは素晴らしい」ところって結構あるのね。有名なKLCC近くのコンドもそうでした。玄関を入った時に「こんな凄いコンドは見たこと無い」と思ったもんです。エレベータホールもホテルみたいだったし。ところがエレベータを降りたら別世界。薄暗くて汚くて、Airbnbで借りたのですが、エレベータから部屋に歩いていく間にどんどんテンションが下がりましたっけ。で、部屋はなんてことのない古臭い部屋。

私が見てきたコンドって大体がそんな感じで、もうちょっと手をかければ良いのに・・って思う所ばかり。部屋はオーナーがどれほど綺麗にしても共有部分が駄目だとがっかりしてしまう。この程度ってコンドによって違っていて、古いコンドでもそこそこ嫌いなところはあるのね。

新しいコンドなら良いのでしょうが、10年も経たないでこんなになるのかと思うと、それがマレーシアスタンダードだとしても私としては買う気が起きません。

だったら「アフォーダブル」なコンドを転々とした方が良いんじゃないか、ってのが我が家の考え方。

今回、このユニットの契約は2年です。

今の時点では納得がいかない部屋ですが、ここは割り切って「問題ないレベル」にどうにか持っていくしかないんでしょう。深くて遠い駐車場も慣れてしまえばなんてことはないのかもしれない。

しかし、前に借りていたユニットは良かったなぁ・・・。ここよりも安くて高層階で内装や家具のコーディネートも良かったし、良いモノは一切なかったけれど問題も無かったし。

「このコンドの同じレイアウトのユニットに住みたい」という「我が家のこだわり、ワガママ」がこういう結果を招いたんでしょうね。

でも好きなコンドだし、ユニット自体に問題はありませんからどうにか可愛がってやろうと思います。そしてうまくやられちゃった感があるオーナーですが、我々も考え方を変えて「感謝の気持ち」を持って、どうにか2年間過ごそうと思っています。

でも2年後は絶対に延長しない。(笑)

今はまだインターネット接続は「スマホのテザリング」を使っていて思うようにアクセスできません。メールへの返事、コメントへのレスももう少しお時間をください。申し訳ないです。m(_ _)m

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

Ninjatraderは「バージョン8」を使わないほうが良いと思う 【トレード】

このブログの読者でNinjatraderに興味を持った方が複数いらっしゃいますが、先日のコメントで「バージョン8」を使っていらっしゃる方がいるのがわかりました。

バージョン8はそれが発表されてからかなり年月が経つのですが、未だに不安定で「バージョン7から換えることが出てきていない」のが現状です。

またバージョン7は多くのインジケータやシステムが無料、有料ともに市場に出ていますが、バージョン8のはなかったり、移植しようとしてもちゃんと動かないとかで、移植を諦めた開発者も少なくないようです。

私もバージョン8はインストールさえしていませんし、皆さんにチャートを見せていただいても私の方ではそれを再現できませんので、なんらコメントさえできません。

また逆に私が皆さんに「こんなのどうよ?」とバージョン7を元にして何か発信してもそれを皆さんのバージョン8で再現できなければ全く意味がなくなります。

ということで、今後は、Ninjatraderバージョン8のチャート、インジケータ、システムに関しては私は一切言及しませんし、何か質問、相談ごとがあっても一切お答えしない、できませんことをご了承くださいませ。

バージョン8はパッと見た目も洗練されている感じがするのですが、またチャートソフトとしてはかなり進化しているようではあるのですが、多分、この先、私は使うことはないと思っています。

Ninjatraderに関するこの日記での話題はかなりディープになるはずで、みなさんが私と同じプラットフォームをお持ちでない限り、全く話が通じなくなるはずです。

多分、どんなチャートソフトでも出来ることみたいな一般論的な話はしないつもりですし。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアの「約束、契約」は【努力目標】か?

全くもぉ、期待を裏切られることが簡単に起きるマレーシアですが、約束や契約を守ってくれないって本当に困ります。

でもそういうことが起きるであろうことはもうとっくのとうにわかっているのに、未だに引っかかる。(T_T)

新しいコンドの契約ですが、明後日の15日からなんですよ。最低でも前日には鍵がもらえるし、準備がそれより前に整えば1週間でも2週間でも前に鍵をもらえるという話になっていました。

我が家としては2、3日あれば十分ですから、こりゃいいや、と思っていたわけですよ。

ところが本日13日。鍵はもらえていないし、14日の夜も「間に合わない」と今になって連絡が来た。じゃぁ契約が始まる15日の朝かというと、どうもそれも怪しい。大丈夫だろうとはオーナー側はいうのだけれど、ワックスがけが終わらないとかなんじゃの言ってる。ってことはペストコントロールも出来ていないわけで、あんな強力なペストコントロールをしたあとは最低でも半日は部屋に入りたくもない。

テレビじゃベッドじゃと新しく購入していれてもらうことになっている家具類もどうなっているのか全くわからず。

引越し業者には15日搬入で予約していたのを取り消しましたが、ではいつなら良いのか?

次の日の16日は土曜日、17日は日曜日。コンドの決まりで「引越しの搬出搬入」は土曜日は午前中だけだから時間が足らない。日曜日は禁止ということで、18日の月曜日ならOK。ところが18日は引越し屋の予約が一杯で19日以降じゃないと駄目ですと。

どうすんだよ~~~。ったくよ~~~。

今借りているAirbnbを延長するのは可能みたいだけれど、それの代金は誰が払うんだ?一泊600リンギ弱だから4,5日延長したら2400リンギぐらいにはなってしまう。

「それの代金は当然、コンドのオーナーの責任で払ってもらえるんですよね?」とエージェントに聞いたら「あのオーナーは払わないだろう」と。なんで?そんなのあり?

まさか15日に入居できないのに、とりあえず鍵だけくれて「家賃は約束通り15日からね」なんてことも言いそうな雰囲気。でもこれは私としては絶対に受け入れたくなくて、「契約日をずらす」「なおかつずれた日数分のホテル代は支払ったもらう」ことで交渉する予定。

Airbnbの延長も確実ではないわけで、それならそうでホテルでも他のAirbnbでも借りれば良いじゃないかって思うでしょ?

ところがですねぇ、2、3日のショートステイならまだしも一ヶ月以上の滞在ですから荷物が半端じゃ無いんですよ。このAirbnbに入る時には、我が家の車はSUVなんですが、後部座席を倒して荷物を満載できる状態で「4往復」しないとならない荷物の量。

それも食材、調味料のたぐいもごっそり。冷凍ものだっていろいろあるわけで、それらを持ってウロウロしたりホテルに泊まるなんてことは不可能。そもそもAirbnbからの搬出荷物も引越し屋に頼んだほうが良いんじゃない?なんて言っていたくらいなんですから。

前にも書きましたが、「約束は努力目標でしかない」というのはゴールドコーストも似たり寄ったりで、困ったことは何度もありました。そこで学んだことは、「日程に余裕を持つこと」と「約束がなされなかった場合の違約金を取る」ってこと。

日程に余裕を・・・なんて言ってもオーストラリアって業者も長い夏休みを取るんですよ。だから「クリスマスまでには終わる」という仕事でも、それがずれ込むと「完成は2月」ってのがよくあるのね。職人も工場も長期休暇を取って動かないってことがある。

ところが2ヶ月ずれ込むかもしれないようなことを「余裕を持って計画」なんてできないわけですよ。上下水道や電源、温水関係の不具合とか、プールの水漏れを2ヶ月放置することもできないわけで。

そんなことでいつも悩まされていて、業者選びが大事ってのは当たり前なんですが、そんな話を友人と話していた所、彼はホテル内に店を持っていて修理や改善するのに「期日を守ってもらわないと非常に困る」わけで、「違約金を課す」様にしているとのこと。

なるほどねぇ、と思い、それからは「もし期日までに完成できなかったら【一日いくらの違約金】を課す」という約束をするようにしました。これって業者は嫌な顔をしますが、彼らが自信を持って大丈夫だと思う日で決めるわけですから、結果的にはそれで随分よくなりました。

結局、忙しくて押せ押せで仕事をしている彼らにしてみると、「謝れば済む客」「言い訳が通じる客」はそれなりの付き合いをするってことでしか無いのね。でも違約金ってのも可哀想なので、「期日前に終わったらボーナスを出す」というやり方もしました。あるいはちょっとした修理を頼む業者でも、「約束の時間にこない」「その日に来ない」「いつ来るかわからない」なんてこともありますので、「約束をきっちり守ったらボーナスを出す」というバカな条件を付けたらすんなり行くようになりました。

この手はマレーシアでも使おうと思っていて、「いつくるかわからない業者を待つ」のではなくて、修理代金も安いマレーシアですから、多少多めに払っても「時間通りに終わる」ことを優先しようと。私たちはいつも家にいますから、「仕事を休んで【業者を待つ】」なんてことをしないですみますが、「約束の時間にこない」「約束の期日に修理が終わらない」のを「出かけることも出来ないで家でアホ面して待つ」なんて絶対にイヤですから、

でも運良く、まだマレーシア滞在は1年ですがそうしなければならないケースはありません。

ま、そんなこんなで「約束が守られないケースを想定する」のはいつもやっていたのですが、今回はやられてしまいました。

契約時にオーナーが言った「期日前でも準備が終われば、1週間2週間前でも鍵を渡しますよ」という言葉をそのまま受け取ってしまいました。orz

「でも・・・もしも・・・」というのが頭をよぎったのですが、「契約時に入居できない場合」の項目を契約書に足して欲しいとは言えませんでした。

エージェントも「良かったですね。太っ腹のオーナーだ」なんて言っていたし。(笑)

でもそのオーナーってかなりの金持ちでコンドも「大量」と言って良いほど持っていて、日本の会社と契約してまとめて貸したりしているオーナー。

海千山千とは言わないものの、我々みたいな、そしてお人好しの日本人なんか「手玉に取るのは簡単」なんだろうなと思いましたわ。

我々は勤め人をしているわけじゃないから良いようなもの、引越しが数日間入れ込んだり、余計な経費が掛かったりってのを「はいそうですか」とはやっぱり言いたくない。

正直な所、我々は仕事を全くしていないわけじゃないですから、時間や期日がずれ込むってことは「逸失利益の発生」があるわけですよ。

もしオーナー側がこの遅延の責任を全く取らないようなら「今回の遅延による私が支払わなくてはならない経費、そして遅れた分の私の時間給、日給はいくらだと思ってるんです?」って言ってみようか?(笑)

冗談はおいといても、私はこの国で仕事はしたくないと思いますわ。迷惑をこうむるのは自分だけの仕事ならまだしも、多くの会社や人員が関わっているプロジェクトをどうやってこなすのか?想像しただけでも目眩がしてきそうです。

仕事で来ている人たちは苦労しているんだろうな・・・なんて思ったり。

ところで前に書いたCIMBですが、また新たな問題が出てきました。

「もっと金を入れてくれ」

ですと。

なんでこういうことを後になってから言う?

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

Airbnbでの生活を終えて、新しいコンドに引越します

同じコンド内での引越しでしたが、転出、転入に1ヶ月のずれがありましたのでその間、Airbnbに住んでおりました。

しかし時間が過ぎるのが本当に早い。あっという間に1ヶ月経ちまして、新しい部屋への引越しを数日中に行います。

またドタバタしますので、このブログの更新もコメントやメールの返事も遅れることになると思います。

しかし本当にこの1ヶ月はマレーシア生活をリセットしたような感じで、我々のマレーシア生活だけでなくて、今までの生き方、今後の生き方もじっくり考える事ができてよかったです。

さぁて、頑張らねば・・・・。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ビットコインの先物が上場される。あれでトレードの原点を学べるかもしれない。

仮想通貨であるビットコインの値動きが凄いことになっていますね。ちょっとチャートを見てみましょう。日本円建ての今年2月からのチャートです。

115000円程度だったものがなんと200万円と17倍もの急騰。

なぜこれほどの値上がりをしたのかのファンダメンタルズは全くわかりませんが、ビットコインの【先物】が上場されることになったのが一因なのかも。

今までは現物が売買されていましたが、これの先物がアメリカのCME市場、CBOE市場に上場されれば間違いなく「取引高」は増えるはずですし、先物なら「空売り」もできますし、そしてなによりCMEやCBOEで先物が上場されるということは「ビットコインが世界に認知された」と言って良いわけで買い注文が集まったのかもしれませんね。

先物が上場されるというのはこのブログの読者から教えてもらいましたが、CMEでほぼ24時間、電子取引が可能となれば面白いことになりそうです。

まだ細かいことは調べていませんが、CMEでの上場は12月18日で、限月は直近の三ヶ月、つまり1月、2月、3月、そして6月となる。またコントラクトサイズは5ビットコインで大体10万ドルぐらい。刻み値は5ドル単位で、1ティック25ドル。値幅制限は上下20%。

その辺のことはCMEのサイトに出ています。(ここをクリック)

ビットコインの現物を持っている人には「ヘッジ」が可能になりますから良いんじゃないですかね。先物の上場とともにオプションも出来るはずですがそこのところは今の時点ではわからず。でもオプションも併用できればビットコイン投資の幅ができますし、ますます売買は活発になるんじゃないですかね。

ボラティリティが大きければそれだけ面白みも出てくるはずで、ギャンブル好きのトレーダーがこぞって参入してくるのかもですね。(笑)

私としては「楽しみ」でトレードするわけじゃないですし、ボラティリティが高いとワクワクするものの値動きが小さいところでこまめにそして確実に小さな利益を積み上げるのが良いと思っていますから、きっとこのビットコインの先物に入れ込むことはないと思いますが、無視するのも気になりますのでとりあえず注目してみる予定。

ただ「テクニカル分析」の練習にはかなり良いんじゃないかと思っています。というのはこのビットコインが上がる下がる理由として「ファンダメンタルズは存在しないのと同じ」だと思うから。つまり値動きは「需給関係のみ」で動く。

これってテクニカル分析の練習には最適で、ファンダメンタルズを考えることを簡単に排除できる。値動きの理由を考えても全く意味がないですもんね。だからテクニカル分析で波動の強さと方向性を見てトレードするしか無いんですね。

これって非常に重要な事だと思うんです。

テクニカル分析を中心にしているトレーダーでもファンダメンタルズを完全に無視することって簡単じゃないんですね。特に株式投資がそうですが、どうしてもファンダメンタルズを考えてしまうでしょ?業績がどうじゃの、そのセクターの動きがどうじゃの、PERじゃPBR、為替の影響、石油価格の動きじゃなんじゃと。

これを書くと「当たり前でしょ?」と思う人が多いと思いますが、本当にテクニカル分析でトレードするとしたらそういうファンダメンタルズは考えないほうがうまくいくんですよ。ファンダメンタルズを理由に「上がる、下がる」と思うからその株を買おう、売ろうと思うはずですが、「その思いがトレード決定の邪魔をする」んです。つまり、「上がると思って買ったのに上がらない、下がりだしたらどうする?」ってことなんですよ。

本来この答えは簡単で、「下げたら売る」しか答えはないのに、ファンダメンタルズが頭にあると、「これは一時的な下げだ。押目だ」とか「売らない理由をつける」のが普通でしょ。それどころか「買増のチャンスだ」なんてことも考える。

これがトレードを難しくする元凶なんです。

本来株は「業績がよく、今後は更に伸びる」と思うから買うんでしょ?でも株が上がる理由はそれじゃないってことをはっきり自覚できないとうまくないのね。

株価が上がるのは「今後、株価が上がると思う人が【買う】から」なんですね。業績がどうじゃこうじゃってのは「上がると思う人の理由の一つ」でしかないわけで、「業績が良ければ上がる」わけじゃない。

株価にしても為替にしても、それが動く理由って半端じゃない数ありますよね。そしてそれぞれの理由のどれに重きを置くかで予想も大きく変わってくる。これを世界中の投資家、企業家、評論家、専門家は常に考えているわけですが、それで「当たるのか?」というのをしっかり考えるべきだいうのはいつも書いている通り。なおかつ自分が得た情報はどの程度のものなのかってのもしっかり考えるべきで、世の中のプロと自分が同じ情報を持てて、同じような判断が下せるのかどうか。

同じような判断が下せたとしても、プロは「買い手と売り手」に別れて戦っているわけで、ではどちらの判断が正しいのか?

どうしてそういう難しいことが自分にできると思うのか?

でもそれを考えないと投資は出来ないと多くの人が誤解しているんですね。値動きの直接の理由は「売り手と買い手の力関係のみ」であって、業績がどうじゃ、経済情勢がどうじゃ、為替の動きがどうじゃじゃないわけです。彼らが何に注目して買おうと思うのか、売ろうと思うのか、それは値動きには関係ないってことを理解するのが大切じゃないですかね。

どんな理由があるかわからないけれど、買おうとする人、売ろうとする人がぶつかりあって「値が決まる」わけで、その力関係の変化が「値の変化」になるわけですから、その力関係だけを見ていれば良いってことなんですね。買う理由、売る理由なんて知る必要もない。

ここは非常に大事なところで、ここをちゃんと理解していないとファンダメンタルズの読み方一つで自分の行動がフラフラと揺さぶられてしまうのね。下がっているのに売らずに塩漬けをする人は世の中にたくさんいるけれど、それの原因がまさにここにあるわけです。「持ったままでも大丈夫だという理由をどうにか探し出す」のね。だからこそ、ファンダメンタルズは関係ないとすっぱり切ってしまわないと損切りもできなくなるんですよ。

こういう練習をするのにはビットコインは最適じゃないですかね。

世の中の何がどうなったら上がったり下がったりするんです?その説明が出来ます?

ビットコインを売買するとなったら、売り方、買い方の力関係を見るしか無いじゃないですか。でもそれがトレードの本質だと私は思うし、それの練習には最適だと思うわけです。

またデイトレも同じで、1分足のチャートを見ても日足のチャートを見ても、時間軸を見なければ「時間軸がどれくらいか」ってわからないのが普通ですよね。でも日足を見ると、その変化変化の場所で「ここではこういうニュースが出た。世界情勢が変化した。」とかファンダメンタルズの理由付けをする。では同じように動く1分足の変化に「理由付け」ができますか?ヨコヨコで動いていたと思ったら大きく下がりだして、また上がったり。ここにどういうファンダメンタルズの影響があるんです?ないでしょ?数分間の間に世界情勢も変わらないし、株価にしても業績が数分間で変わるわけもない。でも上だ下だと動く。

つまり売り手と買い手の力関係で動いているだけだってことでしょ。そしてそれは日足でも同じなんですね。ファンダメンタルズで動いているわけじゃなくて、あくまで売り手と買い手の力関係でしか無いってこと。

この「ファンダメンタルズを切り離す」って非常に大事なことだと私は思うのですが、いや、そんなことはないという人は、過去チャートでも見て、例えばブラックマンデーの急落をどう説明するんですかね。

大事なことはブラックマンデーでもやられない投資方法を確立することだと私は思うんですが、純粋にテクニカルで見ていればブラックマンデーは「勝てる動き」なのね。911のテロも同じ。そしてトランプが大統領になった時の値動きも同じ。

トランプが大統領になると予想した人は少なかった。そしてトランプが大統領になったら市場は大きく崩れると多くの人が読んだ。でも結果は?

ファンダメンタルズに重きを置くと駄目ってのはこういうことなんですよ。

理由なんか考えずに、「値動きに素直についていく」だけでトレードで勝つことが出来るってこと。逆に自分がどんな凄い情報やニュースを知っていようと、株価が上がらなければ自分の持っている情報はガセネタかもしれないし、「上がらない理由」に気がついていないのかもしれない。値動きが思うように動かないと、誰でもこういうことを延々悩むようになるはず。

そういう迷いから離れるためにも「ファンダメンタルズなんか無いに等しいビットコイン」を売買すると、いかにテクニカルが重要かという非常に大事なことを心底理解できるようになるんじゃないですかね。

ビットコインの値動きのボラが高いからギャンブル性もあって面白いと思う人も多いと思うんですが、そういうのとは別に「テクニカルの重要性がわかるようになる」チャンスでもあってよろしいんじゃないかと。

じゃぁファンダメンタルズは無視してテクニカル分析だけをすれば勝てるのか?というとそれもまた違うわけで、でもそこが私はスタートラインだと思うわけです。ファンダメンタルズを重視したり、チャートを重視したり、その時その時悩んでいたら「作戦なんて無いのも同じ」ってことになりませんかね。良く言えば「臨機応変」だけれど、それって「基本もない」のと同じ。たくさん学んで、情報も手に入れて、悩めば何かがわかるような気がするけれど、そういうふうには出来ていないんですね。

ところが相場の原点って「上がっていれば買い上がる」「下がっていれば売り叩く」わけで、神様の領域である「未来」の動きをファンダメンタルズから想像、予想する必要はないってことじゃないですかね。

また「相場のことは相場に聞け」という格言も同じで、「上がるはずだ、いや、下がるはずだ、おかしいなぁ・・」なんて悩む必要もないし、それどころかそれを考えでは駄目だということじゃないんですかね。

ファンダメンタルズもテクニカル分析も両方使えばより効果的なんて思う人もいるんでしょうが、剣術でも二刀流なら勝てるどころか、余計難しくなるんじゃないかと考える必要があるんじゃないですかね。

ではテクニカル分析だけでトレードすると決めても、どんな分析をするのか。どんなインジケータをどう使うのか。ここでまたファンダメンタルズかテクニカルかみたいな葛藤が始まるのね。でもそこがスタートで取捨選択はきっちりやらないとどうにもならない。

これを乗り越えるのに時間が掛かるわけですが、前に紹介したNinjatrader用のBloodHoundとかBlackBirdみたいなソフトを使って、自分の手法を効率的に煮詰めていかないと駄目じゃないんですかね。それをやらないと試行錯誤だけで5年や10年はあっという間に過ぎてしまう。私が40代の頃にあれと出会っていたら・・・なんてことを今になって悔やんでいます。でもあの当時にそれが存在しても、それを使わないとならない理由はわからなかったかもしれない。(笑)

頑張っている方々には、是非とも無駄な道に入り込むこと無く、効率的に進んでいただきたいと願っています。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_
また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ