平昌オリンピックで感動したのは「パシュート」と「カーリング」だった&その裏話

それなりに感動する場面があった平昌オリンピックですが、私はやっぱり「パシュート」が凄いと思いました。これぞ日本の力って感じ。

パシュートってスピードスケートの珍しい団体戦で、3人で2400メートル(400メートルX6周)走る競技。これで日本女子が金メダル。それもここのところ世界大会でも世界記録を更新して勝ちっ放し。

なんで?

って思うじゃないですか。その理由を聞いて驚くのとともに日本らしいなと。

あの競技はかつては「早い選手」を3人選べば良い、みたいな感じだったんですね。だから国によってはパシュート競技専用の練習をろくにせずに、メダリストを3人集めて走らせたり。ところが日本は「個人ではさほど強くない選手も含む3人」で勝ったわけで、勝因は「徹底して科学的にゲームを分析し、それに合わせて戦略を練った」というところ。そしてメンバーを決めて徹底的に練習をした。

3人が隊列を組んで滑るわけですが、当然先頭は風圧を受けて疲れが溜まる。だから度々先頭を交代するわけだけれど、この交代のやり方と速さが日本チームは他国と違うのね。科学的にどうあるべきか分析して、理屈どおりに皆が動けるように練習した。当然、3人ピッタリ並べば2番手3番手は風圧を受けずに体力を温存して滑れるわけだけれど、どのくらいの位置についていれば大丈夫、あるいは効果が少ないかの研究もしてたのね。

この辺をNHKスペシャルで徹底分析しています。面白かった~。

日本らしいなぁと思うのですが、これの結果をはっきり見せられた王者オランダが日本式で今後はやるらしく、将来はどうなりますか。まさに「ものづくり日本」と同じことになるんじゃないかと思ったり。

それと「カーリング」。なんて可愛いんだ・・・なんてジジーの私はニヤニヤしてみていましたが、彼らが歩んできた道って大変だったのね。

その辺の話もテレビ番組で見て感動しました。

ま、やっぱり世界の頂点を目指すオリンピックですから、すべての国のすべての競技のすべての選手に我々が感動するストーリーがあるのだろうと思いますが、私としては上記の二種が一番気になりました。

やっぱりオリンピックって面白いですね~~。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

「蒸鶏」のリベンジ成功~

前回、余計なことを考えて「調理する前にブライン液につける」なんてことを試してみましたが、それでは蒸鶏としては肉のテクスチャーがかなり変わってしまうことがわかりました。

ヨメさんは「この鶏ハム、美味しいじゃない」なんて言っていましたが、私は鶏ハムなんか作りたくないのだ。(笑)

ということでリベンジ。

鶏はいつもの「開いた骨なし腿肉」を使いました。こういう手が入っている肉ほど美味しくないのは間違いがなさそうで、骨なしの開いた鶏肉が良いのであれば、骨付きの腿肉を買ってきて調理直前に骨を外すのが良いはず。一番良いのは多分、一羽まるごとだと思っていて、それも普通の鶏ではなくて「Air Chilled」という屠殺後に冷水につけて体温を冷やすのではなくて、冷風で体温を下げたものがより良いはず。そしてCapon種のカンポンチキンならもっと良いはず。

開いた腿肉に紹興酒を塗りつけてホイルで巻くだけ。塩コショウは一切使わず。それを68度の低温調理で2時間。

取り出したのがこれ。お湯から取り出したら氷水に浸けて身を締めます。

たっぷりの紹興酒と和風だしと少量の醤油とフィッシュソース(魚醤)で味付けたツケダレを火に掛けてアルコール分を飛ばし、それが常温まで下がったら鶏肉をそれに漬け込みます。

そのまま冷蔵庫で一晩寝かしたのがこれ。

まずは一本だけ試食。切ってからツケダレを多めに回すだけ。他の余計な味付けは一切なし。

ちなみにこれの(低温調理機を使わない)作り方の動画はこれが参考になると思います。

まずは一口食べてみましたが、う~~~~む、いい感じ~~~。火の通り具合は完璧。味も全く問題ない中華で言う「紹興酔雞」。普通のお店で食べるものに(多分 笑)遜色なし。

食べる時のソースはツケダレをそのまま流用しても良いし、醤油とチリバディ、ネギ・ショウガ・ニンニクを熱した油でジュジュジュとさせたもの+塩(これをなんて呼ぶのですか?)、海鮮醤+チリソースでもなんでも良いと思います。またこの蒸鶏が作れれば白切り鶏、海南チキンなど蒸鶏系の料理は味付けだけ考えればなんにでも対応できそうです。

でも私としてはもう少し、柔らかく仕上げたい。でもその方法はわからず。

私の人生で食べた蒸鶏でうなるほど美味しいと思ったのは、実はゴールドコーストにある店で食べた蒸鶏なんですよ。「Ipoh Satay Restaurant」というイポー出身の中華系マレーシア人のお店。これを食べてからなんです。自分でも蒸し鶏を作りたいと思うようになったのは。

味付けはどうにかなりますし、好きなようにすればよいのですが、この茹で加減が絶妙なんですわ。鶏の旨味が逃げていないし、ちゃんと火は通っているのにかなり柔らかいんです。

A7R2-0004

今回の蒸鶏を長男も味見をしてかなり美味しいと言っていましたのでこのレベルで良いのかもしれないけれど、私としてはこの上をどうにか目指したいです。

私にはわからないことがまだまだたくさんあって、低温調理の時間ですが、短いほうが良いのか、もっと長いほうが良いのか、次回はこの実験をするつもり。1時間のものと5時間のものを比べてみようと思います。

そして素材も前回、今回のような「すでに開いてある鶏肉」を使うのではなくて、骨付き腿肉、骨付きのドラムスティック(これのほうが美味しいはず)、手羽、そして丸ごと一羽(Air Chilled)、そしていつかはどうにかCapon種と呼ばれる種類の鶏、それもきっちり時間を掛けて放し飼いで育てられたカンポンチキンを使って実験したいと思います。

まだまだやることはたくさんありますが、紹興酔雞としてツケダレの作り方は問題がないのがわかったので良かったし、出来たてよりも一晩以上ツケダレで寝かしたほうが美味しいのがわかったのが収穫でした。

今までに何度となく作ってきた蒸鶏ですが、マレーシアに来てからはまた一つハードルを乗り越えた喜びがあります。でも狙うべき頂上はまだまだ遠く霞んで今の私には見えない。(笑)

---------(後記)-----------

ベッドに入って、どうやったらもう少し柔らかく出来るのか考えていたんですよ。

ハッと気がついた。

試食をしたのは冷蔵庫から取り出したばかりのかなり冷たいもの。普通、どんな店でもこんな温度で出しているところはない。そして冷たければ硬いのは当たり前。味も薄く感じる。

ということで、冷蔵庫から取り出してチンしてみたんですよ。弱いワット数で5分ぐらい。温度としては40度ぐらいかなぁ。

柔らかくて美味しい~~~~。温めたから鶏の味もしっかりわかる~~~~~~。これなら全く問題なし。

しかしまぁ、馬鹿ですよね~~~。

でも美味しかったから良かった~~~~。(笑)

低温調理する時にはしっかりきつく丸めていますが、丸めなかったらもっと柔らかくなるかもしれない。おーし、やってみよう。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ノーリスク確定、元本割れなし!定期預金で利回り30%の裏ワザ【日本】

日本で面白い制度があるんですね。「iDeCo(個人型確定拠出年金制度)」というものですが、私は全く知りませんでした。

ジジババには関係のないことですが、日本で働き収入がある人には非常に有利な制度だと思いました。

ノーリスク確定、元本割れなし! 「iDeCo」に全額、定期預金で利回り30%の裏ワザ

どうして利回り30%になるかというと、この制度に参加して積み立てると「積立金は【所得控除】され、利益は【非課税】」ということらしい。

つまり、積立金分の「所得税」「住民税」と本来の預貯金の利益に掛かる「20%の源泉徴収」分が手元に残るということ。運用益も非課税。

これを金利と合算すれば、30%の利回りと同じことになるということ。

でもねぇ、日本の金利は・・・・って誰しもが思いますが、将来的にはどうなんでしょうね。また積立金分の「所得税、住民税」が無いとなればこれはかなりメリットがあるシステムじゃないですかね。

私が日本在住で給料取りなら間違いなくこれに入ろうと思いますもの。

ただし、年月が経って「積立金の総額」が大きくなっても「毎年の掛け金と運用益(定期の利息含む)だけが非課税」ですから、総額が大きくなればなるほど「計算上の利回りは低くなる」ってことですね。

でも掛け金は所得控除されるって良いと思いますわ。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

安いマグロを美味しく食べる「マグロのづけ丼」その3

またいつもの安くて美味しくない冷凍マグロを買ってきました。(笑)

これって刺し身ではどうにも食べられない代物ですが、づけ丼にすると結構食べられるのは何度か書いてきました。

1 づけ丼 刺し身でそのまま食べるよりかは美味しく食べられる

2 づけ納豆丼 納豆を入れないただのづけ丼より格段に美味しくなる(納豆はひき割りが良いと思う)

3 づけ山芋丼 

今回はこのづけ山芋丼にしてみました。

納豆を入れるだけでスカスカした刺し身の舌触り、歯ごたえが随分変わりますし、マグロそのものの味が良くなるわけではないものの(笑)、マグロ納豆丼としては全く問題がないと思います。

納豆のヌルが良いのだとすれば、同じヌル仲間の山芋はどうだろうかと思ったわけです。マグロの山かけも普通のメニューですから多分大丈夫だろうと。

山芋は摺り下ろした後に「卵の黄身」と「醤油」で薄味をつけてから掛けました。

マグロのづけが少なく見えますが、200グラム以上入っています。量としては多すぎるくらい。

さて美味しかったか?

う~~~~む、微妙です。決してまずくはありませんが、私は納豆の方が良いなぁ。

それとですねぇ、いつもはミリンが多くて甘めに仕上がるので今日はミリンを少なめにしたんですよ。

そうしたら・・・・

醤油が強すぎて塩っぱいんでやんの。orz

寿司飯には醤油も掛けませんでしたし、山芋も薄味ですからどうにか誤魔化せたものの、これは失敗だと思います。

ぐやじ~~~~~~~。

さて、次に作るとしたら、納豆と山芋、両方使う?

まさかねぇ・・・。

何か入れたら良いものってあるかなぁ。

前にこんな風にして食べたのですが、納豆とか山芋、その他もろもろを別に用意するとかしたら良いのかも。

しかしあの安い冷凍マグロでここまでやるか?って思いますよね。

どうもTTDIの魚屋も冷凍庫に冷凍マグロを持っているようで、そして日本人会館の中のあのスーパーでも売っているそう。ま、キハダの冷凍マグロでしょうからたいした違いは無いとは思うものの、その内、試してみたいです。

え?日本食材輸入商からメバチか本マグロを買えって?

そうですねぇ・・・、考えてみましょうか。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

バイナリーオプション?

テクニカル分析屋で私みたいなオーソドックスな「トレンドフォロー型」は「トレンドは続く、でもいつかは反転する」という値動きの基本があるから成り立つわけですが、それで勝てるなら「バイナリーオプション」でも勝てるはずなんですね。

と、私も思った時期はあったんですよ。(笑)

メールでバイナリーオプションのことを聞かれたので書きますが、ところがやっぱりバイナリーオプションは難しいという結論です。

◯ ペイアウトの比率が1:1ではなくて、勝っても15~20%程度は取られる。

◯ スプレッドがあって、その中で終了した場合は負け。

まずこれだけでう~~むって思いますよね。世の中のカジノ、ギャンブルの基本に「ハウスアドバンテージ」ってのがあって、確率2分の1以上で勝てるゲームはないのね。負けたら賭け金全部取られますが、勝っても同じ額がもらえるわけじゃない。ルーレットはほぼ2分の1の賭けができますが、0や00が出ると親の総取りとなる。つまり勝率は36分の18ではなくて、38分の18なんですね。常に親(ハウス)が有利になっている。

これって競馬競輪、宝くじと同じで、胴元の取り分がある。

その観点からバイナリーオプションを見ると、プレイヤーはかなり分が悪い感じがします。やればやるほどどんどん削られていく様な・・。

また上限が決められていて、「マーチンゲール法」もできない。基本的にカジノで(亜流を含めて)マーチンゲール法は駄目だと言われていますが、もしも「勝率が高いゲーム」ですと話は変わってくるんですね。

勝率を上げることが出来るか?

ここが問題ですが、私には難しいというのがシミュレーションをしてもすぐわかります。

「この上げ(下げ)波動は続く」というのを頼りにトレードするわけですが、そのとおりに動いても「それに掛かる時間はわからない」んですよ。そして「上げ(下げ)波動も小さな波の連続である」ことから、たとえ流れに乗れたとしてもたまたま区切った時間でどうなっているのかはわからないのね。

例えばこんな例。これは為替は為替なのですがEUR/USDの先物6Eで、画像のショートの場所で(私の手法ですと)ショートします。

この動きなら十分勝てるわけですが、もしもバイナリーオプションで「5分後の値で判定する」となったら「負け」となります。その5分の間に次の上げ波動が来ちゃいましたから。

では5分でなくて「1分なら?」となりますが、1分後の勝負だとしたらこの場合は勝てますが、それは結果論でしか無くて、動きが遅い場合も多々あるわけですよ。

たとえば普通のトレードならそこそこ嬉しいこういう下げトレンドがあったとして、ここで(私のやり方だと)シュートの出撃場所、追撃場所は黄色の矢印の場所。

このチャートは時間軸が一定ではないので、赤矢印のように同じ5分でもこれだけ違いがあります。

この場合、大きく取れないにしてもほぼ全ての出撃、追撃は勝ちになりますが、例えば一番左の出撃場所を見てください。赤の矢印がそれぞれ5分間なわけですが、最初の出撃の後の5分はほとんど動かず、その後の5分も大きくは動いていませんよね。

普通のスキャルの場合はこういう時間が掛かっても「方向が変わらない限り問題ない」のですが、バイナリオプションの場合はうまくないわけです。スプレッドもありますから、一番左の出撃ポイントの時に出撃したら多分負けることになるんでしょう。

値動きには

◯ 上がる
◯ 下がる
◯ 動かない

しかないわけですが、「動かない」場合はバイナリーオプションの場合は「負ける可能性が高い」ことになるんじゃないですか?

となると「動かないような時には出撃してはならない」わけで、でもそれはスキャルも同じなんですね。ただ普通にそこそこ動いている時にでもこの例の様にほとんど動きが止まることは多々ある。こればかりはどんなインジケータを使おうとどうにもなりません。

動きが大きな時を狙うのがバイナリーオプションの「絶対のお約束」なんだろうと思いますが、動きが大きければそれだけに上だ下だと「おかず」も大きくなりますから、「判定する瞬間」にどう振れているかはわからない。スキャルの場合は「ホールド」で良くてもバイナリーオプションの場合はそこで勝ち負けは決まってしまう。

これってメチャ難しいと私は感じます。

ま、バイナリーオプションの場合に使うチャートは時間軸が一定の方が良いわけですが、きっとこれはこれで「バイナリーオプション向けの【読み方】」が存在するんでしょう。それはそれでやっている内に見えてくるものがあるとは思うのですが、私にはあまり興味が出てきません。

でもやるとしたらMT4を使うのが良いかもしれませんね。1分足は当然として、時間軸の長い足でトレンドや節目を見ていくと「ここだ!」と思う場所は見えてくるのかもしれない。また値動きがある通貨ペアが良いはずで、それを一目で見るインジケータがMT4にはあるし、これも使えば良いかもしれない。各通貨の強弱がわかるインジ。これはバイナリオプションに関係なく、世界動向を見るにはチェックしたいインジ。RecentStrength。時間軸は1分でも5分でも1時間でも日足でも設定できますし、かなり重いですが使いみちはあるはず。

上がっている通貨と下がっている通貨のペアは値動きが大きい。

それとFXでは出来高がわかりませんが、先物のデータでも拾ってマーケットプロファイル、価格帯出来高、POCとかも併用したら面白いかも。あああ、TradingViewってチャートソフト知ってます?あれって不思議でFXでも出来高が出るのね。そして結構つかえるからMT4を知らない人、使いたくない人は一度見てみたら良いかも。って、有料版を使わないと機能がフルに使えませんが・・。私はたまにこれを使って画像をブログに出したりしています。チャチャッとチャートを見るには良いんじゃないかなぁ。

またTradingViewってトレード関連のフォーラムと合体したような感じで、他のトレーダーの使い方、意見もわかるし勉強になるかもね。

TradingViewはここをクリック。

というか、バイナリーオプションで勝てる人はスキャルでも勝てるんじゃないかと思うんですよ。スキャルのほうが簡単に思えます。

それとバイナリオプションをやるには性格的にギャンブラーの素質がある人じゃないと駄目じゃないかと思ったり。勝負どころをきっちり見つけたり、やると決めたら動じないで行動できるタイプじゃないと難しいはず。アドレナリンのコントロール能力が重要でしょう。その点、私は(息子も)全くその辺が駄目で、「毎日、リスクは取らずに小幅抜きを繰り返す」みたいなトレードしかできません。

ただし、バイナリーオプションは短期勝負ですし、「常時ポジションがある」ような投資、トレードとは違いますよね。だから気楽といえば気楽かも。賭け金以上の負けは絶対にでないというのも良い点でしょう。

それとですねぇ、どうも巷ではバイナリオプションは儲かるぜ~~~というブログが増えている様子。これって本当なんですかねぇ。要は「アフェリエイト」の数が多いってことですが、ちょっと異常なので調べてみたんですよ。

するとアフェリエイトにもいろいろあって、私はこの業界のことは全く知らないのと同じレベルですが、「読者が広告、あるいはURLをクリックし、そこの商品を買う、契約すると、ブログオーナーにキックバックが入る」程度のことしか知りません。

これをCPA(Cost Per Acquisition)というそうですが、違う方式もあるらしい、それを簡単に言うと「ブログを通じて来た客から【儲けが出続けている限りキックバックが入る】」という方式。これは「レベニューシェア方式(Revenue share)」というらしい。

これってうまく行けば恐ろしく儲かるわけですよ。普通のアフェリエイトですと「商品を買ったらいくら」「口座を開いたらいくら」みたいな感じなんだろうと思いますが、このレベニューシェアは「その客が将来買い物を続ければ」、トレード関連だとすれば「その客が負け続けていれば」紹介者に未来永劫キックバックが入る。

これもいろいろあるらしいですが、例えばある証券会社に新規客を誘導し、その客が10万円振り込んだとしましょう。そしてそれがゼロになる時にはその証券会社が10万円儲けたわけですから、そこから「(例えば)20%」程度のキックバックが入る。その客が能天気で次から次へと資金を注ぎ込んで、500万円損したとしたら紹介者に100万円入る。そんな感じらしい。詳しいことはわかりませんが、感覚的はそんなシステムとのこと。

こういうアフェリエイトって、「利益の大きな商品」じゃないと成り立ちませんよね。あるいはトレード関係だとしたらFXみたいに「相対取引」じゃないと、「客の負け=証券会社の勝ち」にはなりませんからキックバックする原資もない。つまり、本来の証券取引所を通した売買ですと、証券会社は手数料しか抜けない。でも「客の負け=会社の利益」「客の勝ち=会社の損失」のような場合はどうにでもできちゃう。

こういうのが増えてきているそうで、そりゃアフェリエイトも一生懸命になるんでしょう。

バイナリーオプションで儲けられないと言うんじゃありません。ちょっと調べてみると「この人はマジで勝っているようだ」という人はそれなりにいるのね。中には月収、月収ですよ、8桁の人もいるようす。

嘘だろ?と思うかもしれませんが、そういうひとがユーチューブで売買時の動画、自分の取引画面を出していますので、まんざら嘘でもないんでしょう。

でもねぇ、それとて「証券会社とグル」になればそういう動画は作れるわけですから、真偽はわからず。

ただ私としてはこういうトレード関連ではないにしても、アフェリエイトをやっているのがはっきりわかるサイトは一切信用しないことにしています。今までそれにどれほど騙されたか・・。(笑)

健康食品、痩せ薬、毛生え薬から、ありとあらゆる商品がアフェリエイト対象になっていて、特定の商品やサイトに誘導するようになっていますよね。中身は提灯記事ばかりで全く信頼できないものが多い。でも最近は、「これは大したことはない」「やめたほうが良い」と書きつつ、「人によっては良いかもね」なんてなんとなく信頼できるレポートをブログに書いて誘導するアフェリエイトがいるのもしっかり読み込んでいくと「そういう方針」が見えてきたりするのね。(笑)

儲かればなんでも良いという時代。

恐ろしい時代になったと思いますわ。近年はアフェリエイトとかネットワークビジネスに何も感じない人が増えたと思います。随分変わったもんだ。紹介料を取るとか、利益を乗せて友人に「これは良いものだからね~」なんて売ることに後ろめたさを感じないのでしょうか。ブログという相手が見えない世界だからなんでも平気で出来るんですかね。そういうブログ主と読者の関係って「ハイエナとカモ」に思えて仕方がありません。

ということで、バイナリーオプションに関してはなんらかの必勝法はあるかもしれないなんて気はするものの、私はいつも書いているとおり、こういう業界そのものが嫌いなんですよ。そしてそういう業界に足を突っ込むのもイヤなんですよ。わけのわからないヤクザまがいの競馬のノミ屋に儲けさせてもらっても全く嬉しいと思わないし。

なーんて偉そうなことを言ってはならないのはちゃんとわかっています。私のトレードじゃスキャルじゃなんてのは「ああ、投資じゃなくて投機ね」なんて、なぜ投資はまともで投機はクズがやることなのか私にはよくわからないのですが、ま、私もクズの仲間と見られているだろうことは間違いがない。(笑)

耳くそが鼻くそを悪く言うようなもので、私にはFX業界やバイナリオプションに関して何も言える立場じゃないとは思うのですが、でも私の中には私なりに「越えてはならないと思う一線」ってのがあるんですよ。くだらないプライドかもしれないけれど、私はそれを守りたいのだからしょうがない。

 
 
 

-----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ